ダイコー通産(7673)IPOの仮条件が決まっています。ダイコー通産は、IPOで不人気の東証2部銘柄なので、注目度も低いようです。

ただ、ダイコー通産IPOは直近の日本国土開発IPOから1週間空いての新規上場で、規模も大きくないため、需給面はまずまずだと思います。

ダイコー通産

ダイコー通産IPOの関連記事

ダイコー通産IPOのBBスタンスとIPO評価!卸売業IPO!

ダイコー通産IPOの新規上場を承認!野村主幹事の東証2部IPO!

ダイコー通産IPOの仮条件

1,510円~1,540円

ダイコー通産IPOの仮条件は、想定価格の1,510円を下限に少しだけ上方へ拡げたレンジになっています。

ダイコー通産IPOは東証2部の地味な銘柄なので、もう少し弱めの仮条件になるかと思っていましたが、意外と強めの仮条件ですね。

ちなみに、ダイコー通産IPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は9.4億円から9.6億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
新規口座開設(ダイレクトコース)で3カ月IPO優遇

ダイコー通産IPOの初値予想

1,600円⇒1,840円 (公開価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~2,000円)

ダイコー通産IPOは、吸収金額が9.6億円と小さいため、需給面で関心を集めると思います。

ただ、上場市場はIPOで人気になりにくい東証2部で、CATV及び情報通信ネットワーク関連の卸売業というのも地味なため、公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイコー通産IPOのその他初値予想はこちら

ダイコー通産IPOの幹事団

ダイコー通産IPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
岡三証券
SBI証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券

主幹事の野村證券と委託幹事の岡三オンライン証券は、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込むことが出来ます。

また、平幹事のSBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須です。さらに、ライブスター証券が急きょ委託幹事入りしているので、お見逃しなく!


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社