ダイコー通産(7673)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決定しています。ダイコー通産IPOは、東証2部で卸売業もIPOで人気になりにくいため、あまり注目されていないようです。

ただ、ダイコー通産IPOは小型で当選枚数が少ないため、当たりやすいというわけではありませんね。

ダイコー通産

ダイコー通産IPOの過去記事

ダイコー通産IPOの初値予想!仮条件はやや強め!

ダイコー通産IPOのBBスタンスとIPO評価!卸売業IPO!

ダイコー通産IPOの新規上場を承認!野村主幹事の東証2部IPO!

ダイコー通産IPOの配分数(割当数)

ダイコー通産IPOの配分数(割当数)は、主幹事の野村證券約90%を占めているので、ここで当選できないと厳しいと思います。

平幹事での当選は困難だと思いますが、SBI証券は抽選に外れてIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須ですね。

ダイコー通産IPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 488,400株 90% 488枚 A
SMBC日興証券 10,800株 2% 11枚
みずほ証券 10,800株 2% 11枚
大和証券 10,800株 2% 16枚
岡三証券 10,800株 2% 11枚
SBI証券 10,800株 2% 49枚 B
合計 542,400株 100% 586枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイコー通産IPOのBB(ブックビルディング)は、2月28日で締め切られます。また、主幹事の野村證券は、締切日が一日早い2月27日なのでお気を付けください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング