ダイコー通産(7673)IPOが、明日(3月12日)東京証券取引所2部市場へ新規上場します。ダイコー通産IPOは、東証2部のわりに規模が小さいため、需給面で注目されているようです。

また、ダイコー通産IPOはサンケイリアルエステート投資法人IPOとの同時上場ですが、IPOの地合いは悪くないので、それなりに期待できそうです。

ダイコー通産

ダイコー通産IPOの過去記事

ダイコー通産IPOの抽選結果!公開価格は1,540円!

ダイコー通産IPOの配分数!主幹事の野村證券が約90%占める!

ダイコー通産IPOのBBスタンスとIPO評価!卸売業IPO!

ダイコー通産IPOの新規上場を承認!野村主幹事の東証2部IPO!

ダイコー通産IPO上場直前の初値予想

1,840円 (公開価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,900円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,424.50円

ダイコー通産IPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた1,600円から1,840円に上方修正したいと思います。

ダイコー通産IPOは、直近の日本国土開発IPOから1週間空けての新規上場で、規模(吸収金額9.6億円)も小さい点がプラス要素です。

また、CATVや情報通信ネットワーク関連の各種商品(ケーブル、材料、機器等)の卸売業というのは、地味でIPO的な魅力に欠けますが、地合いは相変わらず良さそうなので、それでもそれなりの人気を集めると思います。

よって、ダイコー通産IPOは公開価格の1.2倍前後で初値形成すると予想しています。

SMBC日興証券 オンライントレード
新規口座開設でIPO優遇特典ゲット!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイコー通産IPOのその他初値予想はこちら

ダイコー通産IPO初値決定前の気配運用

ダイコー通産IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の3,545円で、更新値幅77円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,155円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、385円以上で6,160円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング