ディ・アイ・システム(4421)IPOの仮条件が決定しています。ディ・アイ・システムIPOは、とにもかくにも規模が小さいので、間違いなく人気化すると思います。

小型なIPOは、このところ初値が跳ねるようになってきたので、今の地合いが続くようなら、ますます期待できそうですね。

ディ・アイ・システム

ディ・アイ・システムIPOの関連記事

ディ・アイ・システムIPOのBBスタンスとIPO評価!IT関連IPO!

ディ・アイ・システムIPOの新規上場を承認!日興証券が主幹事!

ディ・アイ・システムIPOの仮条件

1,220円~1,280円

ディ・アイ・システムIPOの仮条件は、想定価格の1,220円を下限に上方へ少し拡げたレンジになっています。ディ・アイ・システムIPOは、にほんブログ村などでも概ね高い評価を得ていたので、やや強気の仮条件も納得です。

ちなみに、ディ・アイ・システムIPOの公開価格が仮条件の上限(1,280円)で決まると、吸収金額は6.4億円から6.7億円にアップしますが、ほとんど変わりありませんね。


SMBC日興証券のIPOルール

ディ・アイ・システムIPOの初値予想

3,200円 (想定価格比:+1,980円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,300円~2,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,600円~3,000円)

ディ・アイ・システムIPOは小型(吸収金額6.7億円)で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、かなりの人気を集めると思います。

また、システムインテグレーション事業は新鮮味に欠けますが、IPOでは相変わらず人気があり、業績も好調に推移しているので、注目度も高そうです。

よって、ディ・アイ・システムIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ディ・アイ・システムIPOのその他初値予想はこちら

ディ・アイ・システムIPOの幹事団

ディ・アイ・システムIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
岡三証券
岡三オンライン証券

ディ・アイ・システムIPOは、規模が小さくて当選枚数も少ないので、主幹事のSMBC日興証券で当選できるかが勝負の分かれ目ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社