デジタリフト(9244)IPOの仮条件が決まっています。デジタリフトIPOは、マザーズのネット関連IPOで規模も小さいため、需給面で注目されています。

デジタリフトは、IPOラッシュ中の4社同時上場なので、資金分散の影響を受けそうですが、どれも小型なのが救いですね。

デジタリフト

デジタリフトIPOの関連記事

デジタリフトIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

デジタリフトIPOのBBスタンスとIPO評価!デジタル広告IPO

デジタリフトIPOの仮条件

1,490円~1,570円

デジタリフトIPOの仮条件は、想定価格の1,490円を下限に上方へ拡げて設定されています。デジタリフトIPOは、新規承認時から注目されていたので、やや強気の仮条件も想定内です。

ちなみに、デジタリフトIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は7.3億円から7.7億円にアップします。


楽天証券のIPOは100%平等抽選

デジタリフトIPOの初値予想

3,000円 (想定価格比:+1,510円)

(※大手予想会社の初値予想:1,900円~2,300円)

デジタリフトIPOは、ジィ・シィ企画リベロROBOT PAYMENTとの4社同時上場で、いずれも概ね良い評価を得ているため、多少なりとも資金が分散されてしまいそうです。

ただ、デジタリフトIPOは小型(吸収金額7.7億円)で、同時上場する3社も規模が小さいため、地合いが悪くなければ何とかこなせそうな気もします。

また、ネット広告関連事業は新鮮味に欠けますが、安定した人気があって業績も良いため、事業面でも注目されそうです。

よって、デジタリフトIPOは節目となる3,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

デジタリフトIPOの幹事団

デジタリフトIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券

デジタリフトIPOの幹事団は、ネットから申し込める証券会社のみで構成されているので、もれなく申し込んで当選を狙いたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社