ダイレクトマーケティングミックス(7354)IPOの新規上場が承認されました。ダイレクトマーケティングミックスIPOは、10月5日に東京証券取引所1部市場へ新規上場する予定です。

また、ダイレクトマーケティングミックスIPOの主幹事はみずほ証券SMBC日興証券が共同で務めることになっています。

10月のIPOはこれで早くも3銘柄目となりました。9月下旬からIPOラッシュに突入するので、資金繰りに頭を悩ますことになりそうですね。

ダイレクトマーケティングミックス

ダイレクトマーケティングミックス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ダイレクトマーケティングミックス
コード7354(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
松井証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
楽天証券
極東証券
岡三オンライン証券
上場日10月5日
仮条件決定日9月15日(2,400円~2,980円に決定)
ブックビルディング期間9月16日から9月24日まで
公開価格決定日9月25日(2,700円に決定)
申込期間9月28日から10月1日まで
公募0株
売出し7,845,900株
OA1,176,800株
吸収金額268.9億円
時価総額597.5億円
想定価格2,980円→公開価格:2,700円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ダイレクトマーケティングミックスIPO主幹事のSMBC日興証券

ダイレクトマーケティングミックスIPOの概要

ダイレクトマーケティングミックスIPOは、ダイレクトマーケティングを通じてマーケティング事業やコンサルティング事業を展開しています。

また、ダイレクトマーケティングミックスIPOは、人材派遣事業やBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業も行っています。

ダイレクトマーケティングミックスIPOは、規模(吸収金額268.9億円)が大きいだけでなく、公募株ゼロの売出株のみなので、VC(ベンチャーキャピタル)のイグジット案件として警戒されそうです。

また、翌日にはさらに大型なキオクシアホールディングスIPOが新規上場することも懸念材料です。

ダイレクトマーケティングミックスIPOは、事業内容や業績には見るべき点もありますが、とにもかくにも規模が大きいので、慎重に判断する必要があると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイレクトマーケティングミックスIPOのその他情報はこちら

ダイレクトマーケティングミックスIPOの幹事団は、共同主幹事のみずほ証券SMBC日興証券をはじめ、SBI証券マネックス証券など、IPOでお馴染みの証券会社が勢揃いしている感じです。

ただ、共同主幹事のみずほ証券はネット口座での取扱いがないようなので注意してください。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事になる可能性が高そうですね。←正式に決定しました!

ダイレクトマーケティングミックスIPOの初値予想

ダイレクトマーケティングミックスIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月15日以降)に追記させていただきます。

2,880円 (想定価格比:-100円)

(※大手予想会社の初値予想:2,980円~3,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社