エネクス・インフラ投資法人(9286)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末の1月25日から始まります。

エネクス・インフラ投資法人は今年一発目のインフラファンドIPOです。年初一発目のIPOは、通常なら期待度がややアップします。

しかし、インフラファンドIPOの初値はこれまで4連続で公開価格を割れているため、エネクス・インフラ投資法人もあまり期待されていないようですね。

エネクス・インフラ投資法人

エネクス・インフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名エネクス・インフラ投資法人
コード9286
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
SBI証券
上場日2月13日
仮条件決定日1月23日(92,000円に決定)
ブックビルディング期間1月25日から1月31日まで
公開価格決定日2月1日(92,000円に決定)
申込期間2月5日から2月8日まで
公募90,000口
売出し0口
OA4,500口
吸収金額94.5億円
時価総額91億円
想定価格100,000円→公開価格:92,000円
初値価格88,300円

エネクス・インフラ投資法人IPOの事業内容

エネクス・インフラ投資法人は、太陽光発電設備等を中心とする再生可能エネルギー発電設備等に対し投資運用を行い、着実な資産規模の拡大と安定したキャッシュフローの創出を目指しています。

また、エネクス・インフラ投資法人は、社会インフラとして拡大が強く期待される再生可能エネルギー発電設備等への投資機会を提供し、投資主価値の最大化を目指しています。

ちなみに、エネクス・インフラ投資法人のスポンサーグループは出資比率50.1%の伊藤忠エネクス株式会社を中心に、出資比率22.5%の三井住友信託銀行株式会社マーキュリアインベストメント及び出資比率4.9%のマイオーラ・アセットマネジメントで構成されています。

エネクス・インフラ投資法人IPOのポートフォリオ

エネクス・インフラ投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

エネクス・インフラ投資法人のIPO評価

エネクス・インフラ投資法人は、エスコンジャパンリート投資法人との同時上場で、規模(吸収金額94.5億円)もそれなりにあるため、今年一発目のインフラファンドIPOであっても厳しいと思います。

また、メインスポンサーの伊藤忠グループは昨年新規上場した伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人の初値が公開価格を割れたことから、スポンサー力が強いとは言えず、主な投資対象の太陽光発電も新鮮味に欠けます。

よって、エネクス・インフラ投資法人のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。エネクス・インフラ投資法人IPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高そうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エネクス・インフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

エネクス・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エネクス・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

エネクス・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) ネット口座での取扱いなし
みずほ証券 BB不参加
野村證券 ネット口座での取扱いなし
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング