エスコンジャパンリート投資法人(2971)IPOの仮条件が発表されました。エスコンジャパンリート投資法人は、今年のREIT(リート)IPO第一弾ですが、昨年新規上場したREIT(リート)IPOの初値は全て公開価格割れだったこともあり、あまり注目されていないようです。

エスコンジャパンリート投資法人IPOは、にほんブログ村でも厳しめの意見が多いので、やや苦戦しそうな雰囲気ですね。

エスコンジャパンリート投資法人

エスコンジャパンリート投資法人IPOの関連記事

エスコンジャパンリート投資法人IPOのBBスタンスとIPO評価!

エスコンジャパンリート投資法人IPOの新規上場を承認!リートIPO第一弾!

エスコンジャパンリート投資法人IPOの仮条件

100,000円~105,000円

エスコンジャパンリート投資法人IPOの仮条件は、想定価格の105,000円を上限に下方へ拡げたレンジで設定されています。エスコンジャパンリート投資法人IPOは、新規承認時から需給面が不安視されていたので、やや弱めの仮条件も納得です。

エスコンジャパンリート投資法人IPOの公開価格が仮条件の上限で決まれば想定価格通りですが、下限で決まってしまうと警戒感が増しそうなので、まずは公開価格がいくらになるかがポイントになると思います。


カブドットコム証券のIPOルール

エスコンジャパンリート投資法人IPOの初値予想

95,000円⇒97,200円 (公開価格比:-3,800円)

エスコンジャパンリート投資法人IPOは、エネクス・インフラ投資法人IPOとの同時上場で、規模(吸収金額207.4億円)もそこそこあるため、需給面が良好とは言えません。

また、商業施設を中心とした総合型REIT(リート)はインパクトに欠け、日本エスコングループのスポンサー力にも疑問符が付きます。

よって、エスコンジャパンリート投資法人IPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エスコンジャパンリート投資法人IPOのその他初値予想はこちら

エスコンジャパンリート投資法人IPOの幹事団

フロンティア・マネジメントIPOの幹事団
主幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券 みずほ証券
マッコリーキャピタル証券
大和証券
SBI証券
FFG証券
カブドットコム証券

エスコンジャパンリート投資法人IPOにネットから申し込めるのは、みずほ証券大和証券SBI証券カブドットコム証券の4社ですが、初心者の方はあえて申し込まなくても良いと思います。

ただ、SBI証券は抽選に外れればIPOチャレンジポイントが貰えるので、なるべく申し込むことをオススメします。

※いずれにしても、REIT(リート)IPOは通常のIPOと異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング