FCE Holdings(9564)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月11日から開始されます。

FCE Holdingsは主に教育研修事業やDX推進事業を展開しています。FCE Holdingsは単独上場で規模も小さいため、需給面は悪くありませんね。

FCE Holdings

FCE Holdings(東証スタンダードIPO)のIPO基本情報

銘柄名FCE Holdings
コード9564(サービス業)
主幹事証券みずほ証券

幹事証券(委託含む)SBI証券
岡三証券
丸三証券
岩井コスモ証券
楽天証券
あかつき証券
東洋証券
水戸証券
マネックス証券
松井証券
極東証券
むさし証券
岡三オンライン
上場日10月27日
仮条件決定日10月6日(1,460円~1,560円に決定)
ブックビルディング期間10月11日から10月17日
公開価格決定日10月18日(1,560円に決定)
申込期間10月19日から10月24日まで
公募329,400株
売出し87,000株
OA62,400株
吸収金額7.5億円
時価総額46.8億円
想定価格1,560円→公開価格:1,560円
初値価格2,060円

FCE HoldingsのIPO事業内容

FCE Holdingsは教育研修事業として全国の学校や学習塾の経営支援、子ども向けコンテンツ提供、教育現場のDX化などをサポートしています。

また、FCE Holdingsはインプットとアウトプットを組み合わせた社員教育システム「Smart Boarding」も提供しています。

Smart Boarding

さらに、FCE HoldingsはDX推進事業として「プログラミング知識を持たない人でもつくれるRPA」をコンセプトとした「Robo-Pat DX」を中小企業から大企業を対象に提供しています。

FCE Holdingsはその他にも世界4,000万部、国内250万部の世界的ベストセラー「7つの習慣」をもとに、子ども向けに「7つ の習慣J® 」、法人向けに「7つの習慣® 研修」、一般消費者向けに「7つの習慣セルフコーチング」など を展開しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 優秀な人材の補強と維持のため、採用費及び人件費
  2. RPA及び当社の扱う「Robo-Pat DX」の認知度向上に向けたマーケティング、ブランディングに係る活動のため、広告宣伝費や対面で行う商品紹介等に係る販売促進費

FCE Holdings(9564)IPOの業績

FCE Holdingsの業績

(※画像クリックで拡大)

FCE Holdingsの業績は堅調に推移していて問題なさそうです。

FCE HoldingsのIPO評価

FCE Holdingsは以前の東証2部に相当する東証スタンダード市場への新規上場ですが、規模(吸収金額7.5億円)が小さいため、それでも需給面で関心を集めると思います。

また、教育研修事業には目新しさを感じませんが、DXRPAというテーマ性があり、世界的なベストセラー「7つの習慣」を取扱っていることでも注目されそうです。

よって、FCE HoldingsのIPO評価はBが妥当だと考えています。FCE Holdingsは公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

FCE Holdings(9564)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

FCE Holdings(9564)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加する予定です。

主幹事のみずほ証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの平幹事も申し込むつもりです。

FCE Holdings(9564)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
丸三証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
楽天証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
水戸証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
極東証券 口座なし
むさし証券 BB参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング