フィット(1436)のIPO新規上場が承認されました。上場日は3月11日で東証マザーズ市場への新規上場となります。主幹事のSBI証券は今年もIPOの幹事団の常連になりそうですね。3月は今のことろ順調にIPOの新規上場が承認されていますので、かなりの盛り上がりを見せてくれそうです。

フィット

フィット(東京マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フィット
コード1436
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
SMBCフレンド証券
極東証券
東洋証券 (ネット口座での取り扱いは無し)
日本アジア証券
水戸証券
上場日3月11日
仮条件決定日2月22日(1,750円~1,890円に決定)
ブックビルディング期間2月24日から3月1日まで
公募価格決定日3月2日(1,890円に決定)
公募1,070,000株
OA100,000株
吸収金額21.2億円
想定価格1,810円

フィットIPOの概要

フィットは規格住宅や規格戸建賃貸住宅の販売及び太陽光発電施設の販売を手掛けている企業です。フィットは「第2の住宅産業を創る」という企業理念の下、再生エネルギー事業、住宅・不動産事業、フランチャイズ事業という3つの事業を展開しています。

フィットは事業内容に目新しさは感じませんが、SBI証券が主幹事で比較的枚数も多くて当選度の期待が高まると思いますので注目されそうなIPO銘柄です。

フィット(1436)の主幹事は、IPO幹事常連のSBI証券です。SBI証券が主幹事を務めるのは今年初めてですが、ラサールロジポート投資法人(東証リートIPO)を除く全てのIPOで幹事団入りしており、まさにIPO必須の証券会社といえます。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるため、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることが出来ます。(※SBI証券のIPOチャレンジポイントについて

フィットIPOの初値予想

フィットIPOの初値予想は仮条件決定後(2月22日)に追記させていただきます。

2,180円(想定価格比:+370円)
↓ 下方修正
1,980円 (公募価格比:+90円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,850円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,890円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,890円)


にほんブログ村

フィットIPOの他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ