フレクト(4414)IPOの仮条件が決まっています。フレクトIPOはクラウドインテグレーションによるDX支援を行っていることで注目されています。

12月後半は怒涛のIPOラッシュだけに、まだスケジュールに余裕がある12月前半に新規上場できるのはプラス要素ですね。

フレクト

フレクトIPOの関連記事

フレクトIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

フレクトIPOのBBスタンスとIPO評価!DX支援IPO

フレクトIPOの仮条件

2,210円~2,550円

フレクトIPOの仮条件は、想定価格の2,210円を下限に上方へ大きく拡げたレンジになっています。フレクトIPOはそれなりに注目されていましたが、それでもここまで強気の仮条件になるとは思いませんでした。

ちなみに、フレクトIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は12.8億円から14.8億円にアップします。


auカブコム証券のIPOは100%平等抽選

フレクトIPOの初値予想

3,800円 (想定価格比:+1,590円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,900円~3,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,400円~3,800円)

フレクトIPOはマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額14.8億円)も大きくないため、需給面で人気を集めると思います。

また、フレクトIPOは根強い人気があるクラウドインテグレーション事業を展開しており、DXSaaSというテーマ性でも注目されそうです。

ただ、フレクトIPOは大株主とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が約35.5万株あります。

よって、フレクトIPOは大株主とVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フレクトIPOの幹事団

フレクトIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
みずほ証券
SBI証券
auカブコム証券
CONNECT

フレクトIPOの幹事団は主幹事の大和証券をはじめ、全てネットから申し込める証券会社なので、もれなく申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社