フーディソン(7114)IPOの仮条件が決まってます。フーディソンIPOは生鮮流通のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するプラットフォームを提供している企業です。

フーディソンは同時上場する3社の中では一番地味な印象なので、地合いや他の銘柄の動向に左右されそうですね。

フーディソン

フーディソンIPOの関連記事

フーディソンIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

フーディソンIPOのBBスタンスとIPO評価!生鮮流通IPO

フーディソンIPOの仮条件

2,210円~2,300円

フーディソンIPOの仮条件は、想定価格の2,210円を下限に上方へ拡げて設定されています。

ちなみに、フーディソンIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、27.1億円から28.2億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
フーディソンIPO主幹事のSMBC日興証券

フーディソンIPOの初値予想

2,300円 (想定価格比:+90円)

(※大手予想会社の初値予想:2,300円~2,500円)

↓(上場直前の初値予想)

2,420円 (公開価格比:+120円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,400円)

フーディソンはRebaseオープンワークとの3社同時上場で、規模(28.2億円)もそれなりにあるため、資金分散の影響を受けそうです。

また、生鮮流通のDX(デジタルトランスフォーメーション)化には独自性を感じますが、全体的に地味な印象は否めません。

よって、フーディソンIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フーディソンIPOの幹事団

フーディソンIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
大和証券
楽天証券
岡三証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
松井証券
auカブコム証券
岡三オンライン

フーディソンIPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券をはじめ、全てネットから申し込める証券会社で構成されていますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社