フロンティアインターナショナル(7050)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(2月13日)から開始されます。フロンティアインターナショナルは、「東京ガールズコレクション」などを手掛けているプロモーション会社として関心を集めているようです。

ただ、フロンティアインターナショナルはスマレジとの同時上場なので、多少なりとも資金分散の影響を受けそうですね。

フロンティアインターナショナル

フロンティアインターナショナル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フロンティアインターナショナル
コード7050
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
マネックス証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
DMM.com証券
上場日2月28日
仮条件決定日2月12日(2,290円~2,410円に決定)
ブックビルディング期間2月13日から2月19日まで
公開価格決定日2月20日(2,410円に決定)
申込期間2月21日から2月26日まで
公募171,600株
売出し598,000株
OA115,400株
吸収金額20.3億円
時価総額99.7億円
想定価格2,290円→公開価格:2,410円
初値価格2,715円

SMBC日興証券 オンライントレード

フロンティアインターナショナルIPOの事業内容

フロンティアインターナショナルは、イベントプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、スペースプロデュース、デジタルプロモーション、店頭販売支援など、各プロモーション施策の企画、制作、運営、実施等を提供する総合プロモーション事業を展開しています。

イベントプロモーションでは、東京ガールズコレクション東京国際映画祭東京マラソンEXPOなどの有名なイベントを手掛けています。

また、PRでは大阪万博招致PR@アスタナ博、スペースプロデュースでは東京マラソンレギュラーイベント、デジタルプロモーションではPanorama Drive 360°Movieの開発、店頭販売支援事業ではコーヒーマシン販売支援なども行っています。

さらに、フロンティアインターナショナルは様々なイベントをニュース動画として制作・配信する「Event TV」,イベントの価値を高める「FRONTIER DIGITAL BOX」,3D映像で驚異的な浮遊感を実現する「Phantom」などの自社コンテンツも運営してます。

フロンティアインターナショナルIPOの業績

フロンティアインターナショナルの業績

(※画像クリックで拡大)

フロンティアインターナショナルIPOの売上は堅調に推移していて、利益も右肩上がりで伸びているので、概ね好調と言えそうです。

フロンティアインターナショナルのIPO評価

フロンティアインターナショナルは、人気を集めそうなスマレジとの同時上場で、規模(吸収金額20.3億円)もそれなりにあるため、需給面に少し不安があります。

ただ、フロンティアインターナショナルは数々の有名なイベントを手掛けており、業績も堅調に推移していて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないことから、一定の評価を得られそうです。

よって、フロンティアインターナショナルのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。フロンティアインターナショナルIPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フロンティアインターナショナルIPOのその他情報はこちら

フロンティアインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フロンティアインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加するつもりです。

主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、抽選配分比率が高めのSBI証券マネックス証券にも期待しています。

また、DMM.com証券は配分されない可能性が高いですが、前受金不要(事前入金不要)なので、とりあえず申し込んでおきたいと思います。

フロンティアインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社