フロンティア・マネジメント(7038)IPOの仮条件が決定しています。フロンティア・マネジメントIPOは、さほど規模が大きくないため、それなりに注目されているようです。

ただ、IPOの地合いがすっかり冷え込んでしまっているのは気掛かりです。上場日までには風向きが変わって欲しいですね。

フロンティア・マネジメント

フロンティア・マネジメントIPOの関連記事

フロンティア・マネジメントIPOのBBスタンスとIPO評価!コンサル系IPO!

フロンティア・マネジメントIPOの新規上場を承認!みずほ主幹事!

フロンティア・マネジメントIPOの仮条件

2,160円~2,260円

フロンティア・マネジメントIPOの仮条件は、想定価格の2,260円を下限に少し下方へ拡げたレンジになっています。

やや弱気の仮条件にも見えますが、上限で決まれば想定価格通りなので、今の地合いを考えると、妥当なラインだと思います。


SMBC日興証券のIPOルール

フロンティア・マネジメントIPOの初値予想

3,600円 (想定価格比:+1,340円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)

フロンティア・マネジメントIPOは、そこそこの規模(吸収金額13.5億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、それなりの人気を集めると思います。

また、コンサル関連事業はIPOで大人気とは言えませんが、業績は好調に推移していて成長性も感じられるため、公開価格の1.5倍を上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フロンティア・マネジメントIPOのその他初値予想はこちら

フロンティア・マネジメントIPOの幹事団

フロンティア・マネジメントIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
丸三証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

フロンティア・マネジメントIPOは、主幹事のみずほ証券で当選できないと厳しそうですが、SBI証券SMBC日興証券も微かに期待できそうです。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング