富士ソフトサービスビューロ(6188)IPOの仮条件が決定しました。そして、富士ソフトサービスビューロIPOのBB(ブックビルディング)が明日の2月26日から(3月3日まで)開始されます。

富士ソフトサービスビューロは、3月15日に3社同時上場(富山第一銀行(7184)、ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615))する予定ですが、その中では一番期待できる銘柄だと思います。

富士ソフトサービスビューロ

富士ソフトサービスビューロIPOの仮条件

800円~890円

富士ソフトサービスビューロIPOの仮条件は、想定価格890円を上限としたやや弱気な設定になっています。仮条件は3社同時上場ということもあってか少し弱気に感じますが、特に気にすることもない妥当な設定になっていると思います。

富士ソフトサービスビューロIPOの初値予想

1,120円 (想定価格比:+230円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:950円)

富士ソフトサービスビューロIPOの事業内容に新鮮味はありませんが、吸収金額7.2億円(想定価格ベース)と小型なので、需給面から公募価格を手堅く上回る初値形成になると思います。

また、富士ソフトサービスビューロIPOは、富士ソフト(9749)が発行済み株式の大半を占めており、VC(ベンチャーキャピタル)保有株も見当たらないことから、売り圧力が小さそうな点も好材料です。

3月15日に同時上場する3銘柄はどれも決め手に欠けますが、富士ソフトサービスビューロが吸収金額の小ささから需給面で一歩リードしているという印象です。

富士ソフトサービスビューロのIPO基本情報

富士ソフトサービスビューロIPOの幹事団
主幹事証券 野村証券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券

SBI証券はIPOの抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、貯めたポイントを利用してIPOをゲットすることも出来ます。(※SBI証券のIPOチャレンジポイントについて


にほんブログ村

富士ソフトサービスビューロIPOのその他初値予想はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ