FUJIジャパン(1449)IPOが、明日(12月13日)札幌証券取引所アンビシャス市場へ新規上場します。FUJIジャパンIPOは、何と言っても規模の小ささで関心を集めると思います。

ただ、FUJIジャパンIPOは流動性の低い地方市場への新規上場で、地合いもあまり良くないため、超小型なわりにイマイチという可能性もありそうです。

FUJIジャパン

FUJIジャパンIPOの過去記事

アルーとFUJIジャパンIPOの抽選結果!公開価格は仮条件の上限!

FUJIジャパンIPOのBBスタンスとIPO評価!リフォーム関連IPO!

FUJIジャパンIPOの新規上場を承認!札証アンビシャスの超小型IPO!

FUJIジャパンIPO上場直前の初値予想

1,000円 (想定価格比:+260円)

(※大手予想会社の初値予想:800円~1,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:820円)

※主幹事証券会社の引受価格:680.80円

FUJIジャパンIPO上場直前の初値予想は、以前からアップしていた1,000円で据え置きたいと思います。

FUJIジャパンIPOは、地方のリフォーム会社なので、全体的に地味な印象は拭えません。しかし、吸収金額は公開価格ベースで0.81億円と極めて小さいため、需給面で注目されそうです。

ただ、FUJIジャパンIPOは地方市場(札幌証券取引所アンビシャス)への上場で、地合いも良いとは言えないため、初値高騰とまではいかないと思います。

よって、FUJIジャパンIPOは1,000円を目途に初値形成すると予想しています。


マネックス証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

FUJIジャパンIPOのその他初値予想はこちら

FUJIジャパンIPO初値決定前の気配運用

FUJIジャパンIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の1,702円で、更新値幅37円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の555円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、185円以上で2,960円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング