ファンペップ(4881)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月4日から始まります。ファンペップは、大阪大学大学院発のバイオベンチャーとして関心を集めているようです。

※新規上場の承認が取り消されました!

ただ、ファンペップはINCLUSIVEスペースマーケットとの3社同時上場なので、需給面が良好とは言えませんね。

ファンペップ

ファンペップ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ファンペップ
コード4881
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
エース証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
東洋証券
極東証券
水戸証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月2日
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日
申込期間12月12日から12月17日まで
公募4,505,000株
売出し0株
OA675,000株
吸収金額16.3億円
時価総額50.8億円
想定価格315円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

ファンペップIPOの事業内容

ファンペップは、大阪大学大学院医学系研究科の研究成果である機能性ペプチドを医薬品、化粧品および医療機器等として開発することを目的として、2013年10月に設立された創薬系バイオベンチャーです。

ファンペップは、皮膚潰瘍を対象疾患としたSR-0379(機能性ペプチド)、乾癬と強直性脊椎炎を対象疾患としたFRP003(抗体誘導ペプチド)、花粉症を対象疾患としたFRP004(抗体誘導ペプチド)を研究開発しています。

ファンペップの開発品

(※画像クリックで拡大)

また、ファンペップは株式会社ファンケルとの間で共同研究開発を行い、自社の機能性ペプチドを含有するシャンプー「マイルドクレンジングシャンプー」と「ボリュームアップシャンプー」を発売しています。

ファンペップIPOの事業系統図

ファンペップの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

ファンペップIPOの業績

ファンペップの業績

(※画像クリックで拡大)

ファンペップIPOの業績は、バイオベンチャーらしく連続赤字です。ただ、バイオベンチャーの場合は研究開発が実を結ぶかにかかっているので、仕方ない面もありますね。

ファンペップのIPO評価

ファンペップは、規模(吸収金額16.3億円)が大きいわけではありませんが、INCLUSIVEスペースマーケットとの3社同時上場なので、それでも需給面に不安があります。

また、ファンペップは業績が連続赤字という点でも警戒されそうですが、手の出しやすい価格なので、リスクは小さそうです。

よって、ファンペップのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ファンペップIPOは、今のところ公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファンペップIPOのその他情報はこちら

ファンペップIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ファンペップIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。ただ、主幹事のみずほ証券500株配分なので、それなりの利益を得られる反面、ややリスクも高まりますね。

ファンペップIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
極東証券 口座なし
水戸証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング