G-FACTORY(3474)IPOのBB(ブックビルディング)が、9月14日(水)からスタートします。G-FACTORY(3474)IPOは、シンクロ・フードIPOと事業内容が似通った印象ですが、そこそこは期待できそうな銘柄です。

また、同時上場する予定だったオークネットIPO上場延期になったことは、G-FACTORY(3474)IPOにとって好材料ですね。

G-FACTORY

G-FACTORY(東証マザーズIPO)のIPO情報

銘柄名G-FACTORY
コード3474
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
SBI証券
上場日9月30日
仮条件決定日9月12日(3,080円~3,240円に決定)
ブックビルディング期間9月13日から9月20日まで
公開価格決定日9月21日(3,240円に決定)
申込期間9月23日から9月28日まで
公募150,000株
売出し69,000株
OA32,800株
吸収金額7.8億円
想定価格3,080円


G-FACTORY(3474)IPO主幹事のSMBC日興証券

G-FACTORY(3474)IPOの事業内容

G-FACTORYは、飲食店等の店舗型サービスを展開する企業の物件取得から、内装設備や什器等の導入まで、様々なサポート等で出退店の支援を行っています。

また、G-FACTORYは、飲食店等の店舗型サービスを展開する企業が、生産性の低い店舗から早期撤退し、不採算店舗の維持費用や人材を、成長可能性の高い店舗への投資や雇用にシフトさせることを促し、業界全ての活性化を図っています。

さらに、G-FACTORYは、鰻料理のファーストフード店「名代 宇奈とと」を14店舗運営しています。

G-FACTORY(3474)IPOの業績

G-FACTORYの業績

(※画像クリックで拡大)

G-FACTORY(3474)IPOの売上高は、やや横ばいといった感じですが、利益の伸びは良さそうですね。

G-FACTORYのIPO評価

G-FACTORY(3474)IPOは、値がさ銘柄ですが、規模(吸収金額7.8億円)が小さくて、当選枚数も少ないので、需給面は良好だと思います。

また、G-FACTORY(3474)IPOは、同時上場する予定だったオークネットIPOが上場延期になったので、資金分散の不安も無くなりました。

ただ、外食関連はIPO的に人気化しにくいことや、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が若干の懸念材料です。

よって、G-FACTORYのIPO評価はBが妥当だと考えています。G-FACTORY(3474)IPOは、公開価格を上回る可能性が高く、値がさだけにそれなりの利益を得られると思います。


にほんブログ村

G-FACTORY(3474)IPOのその他情報はこちら

G-FACTORY(3474)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

G-FACTORY(3474)IPOのBB(ブックビルディング)は、全力で申し込む予定です。

主幹事のSMBC日興証券を中心に、このところIPOの取扱いが急増中の岩井コスモ証券と、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券には、必ず申し込むつもりです。

G-FACTORY(3474)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
SBI証券 BB参加


↑岩井コスモ証券の公式サイト↑

10月はJR九州IPOの新規上場が控えているので、承認されてから慌てないように、今のうちから証券口座を増やして備えておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ