G-FACTORY(3474)IPOの幹事証券ごとの配分数が決定しています。G-FACTORY(3474)IPOは、そこそこの評価ですが、値がさで規模も小さいため、意外と楽しめそうな銘柄です。

G-FACTORY

G-FACTORY(3474)IPOのBB(ブックビルディング)は、9月20日で締め切られるので、まだ申し込んでいない方は、各幹事証券の配分数を参考にしながら、早めに手続きを済ませて下さい。

G-FACTORY(3474)IPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
SMBC日興証券 (主幹事) 197,400株 90.14% A
いちよし証券 8,700株 3.97% B
岩井コスモ証券 4,300株 1.96%
エース証券 4,300株 1.96%
SBI証券 4,300株 1.96% B
合計 219,000株 100%


G-FACTORY(3474)IPO主幹事のSMBC日興証券


にほんブログ村

G-FACTORY(3474)IPOのその他情報はこちら

G-FACTORY(3474)の配分数は、主幹事のSMBC日興証券が約90%を占めていますので、ここで当選しないとかなり厳しくなりますね。

G-FACTORY(3474)IPOは、当選枚数が極めて少ないため、平幹事での当選は困難ですが、いちよし証券とSBI証券は、余裕があれば押さえておきたいところです。


JR九州IPOでも幹事を務めるSBI証券

IPO(新規公開株)では、なるべく多くの証券会社に申し込むことが、当選確率のアップにつながるので、まだ持っていない証券口座をチェックして、早めに口座開設しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ