ギークス(7060)IPOが、明日(3月20日)東証マザーズ市場へ新規上場します。ギークスIPOは、ITフリーランスの働き方を支援するIT人材事業で注目されているようです。

IPOの地合いは、一時より少し落ちてきた感じですが、ギークスIPOは幸いにも単独上場なので、再び上昇ムードにしてほしいですね。

ギークス

ギークスIPOの過去記事

ギークスIPOの抽選結果!公開価格は1,930円!

ギークスIPOのBBスタンスとIPO評価!IT系の人材関連IPO!

ギークスIPOの新規上場を承認!主幹事はSMBC日興証券!

ギークスIPO上場直前の初値予想

2,900円 (公開価格比:+970円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,775.60円

ギークスIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,900円で据え置きたいと思います。

ギークスIPOは、それなりの規模(吸収金額18億円)ですが、マザーズへの単独上場なので、需給面はまずまずだと思います。

また、IT人材の不足が叫ばれる中、ITフリーランス人材の活用を軸にしたIT人材事業も一定の評価を得られそうです。

ただ、ギークスIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約62万株)の多さが懸念材料です。

よって、ギークスIPOはVCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

SMBC日興証券 オンライントレード
口座開設でIPO優遇特典あり

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ギークスIPOのその他抽選結果はこちら

ギークスIPO初値決定前の気配運用

ギークスIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の4,440円で、更新値幅97円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,448円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、483円以上で7,720円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング