ギフティ(4449)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月3日から始まります。ギフティは規模が大きいながらも、メールやLINEなどで気軽にeギフトを送れるというユニークなサービスで関心を集めているようです。

ギフティは前日に新規上場するサイバー・バズと並んで注目度が高いので、大型でも人気を集めそうですね。

ギフティ

ギフティ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ギフティ
コード4449
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
大和証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
松井証券
水戸証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日9月20日
仮条件決定日8月30日(1,300円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間9月3日から9月9日まで
公開価格決定日9月10日(1,500円に決定)
申込期間9月11日から9月17日まで
公募800,000株
売出し3,590,700株
OA658,600株
吸収金額63.1億円
時価総額310.4億円
想定価格1,250円→公開価格:1,500円
初値価格1,880円

SMBC日興証券 オンライントレード

ギフティIPOの事業内容

ギフティは、個人ユーザーがWebでeギフトを購入することができる「giftee」サービスを提供しています。

ちなみに、eギフトとは飲食・小売店舗等において、商品やサービスと交換することができる電子チケットのことです。

eギフトのイメージ図

(※画像クリックで拡大)

また、ギフティは法人がキャンペーン等での利用を目的にeギフトを購入することができる「gifteefor Business」サービスも提供しています。

さらに、ギフティはeギフト発行企業(飲食店・小売店等)がeギフトの生成・流通・販売・決済・実績管理を行うことができるシステム「eGift System」や、地域通貨の電子化ソリューションを提供する地域通貨サービス「Welcome! STAMP」も提供しています。

eギフトプラットフォーム概念図

eギフトプラットフォーム概念図

(※画像クリックで拡大)

ギフティIPOの業績

ギフティの業績

(※画像クリックで拡大)

ギフティIPOの業績は急激に伸びていて、成長性も期待できそうですね。

ギフティのIPO評価

ギフティは、吸収金額が想定価格ベースで63.1億円と大きく、公募株(800,000株)に比べて売出株(3,590,700株)も非常に多いため、需給面に不安があります。

また、ギフティはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株やSO(ストックオプション)が多いのも懸念材料です。

しかし、eギフトサービスはこれからますます需要が高まりそうで、業績も急激に伸びていることから、人気を集めると思います。

よって、ギフティのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ギフティIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ギフティIPOのその他情報はこちら

ギフティIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ギフティIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。ギフティIPOは規模が大きいだけに当選枚数も多いので、主幹事の野村證券だけでなく、SMBC日興証券SBI証券などの幹事証券にもチャンスがありそうです。

ギフティIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
水戸証券 口座なし
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング