ギフティ(4449)IPOの仮条件が発表されました。ギフティIPOは、これからますます需要が高まりそうなeギフトというサービスを提供していることで注目されている企業です。

ただ、前日に新規上場するA級IPOのサイバー・バズが初日値付かずになると、同時上場になってしまうので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

ギフティ

ギフティIPOの関連記事

ギフティIPOのBBスタンスとIPO評価!eギフト関連IPO!

ギフティIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事!

ギフティIPOの仮条件

1,300円~1,500円

ギフティIPOの仮条件は、想定価格の1,250円を上回るレンジで設定されています。ギフティIPOは、規模の大きさが懸念されていたので、仮条件の上振れはちょっと意外でした。

ただ、それだけ機関投資家へのヒアリング結果が良かったということだと思うので、プラスに捉えても良いと思います。

ちなみに、ギフティIPOの公開価格が仮条件の上限(1,500円)で決まった場合、吸収金額は63.1億円から75.7億円にアップするので、さらに重くなってしまいますね。


マネックス証券のIPOルール

ギフティIPOの初値予想

2,250円 (想定価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,000円~2,250円)

ギフティIPOは、規模(吸収金額75.7億円)が大きいだけでなく、売出株やVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、需給面で警戒されそうです。

ただ、eギフト事業はユニークで成長性も感じられるので、それでもそれなりの人気を集めると思います。

よって、ギフティIPOはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ギフティIPOのその他初値予想はこちら

ギフティIPOの幹事団

ギフティIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
大和証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
松井証券
水戸証券
岡三証券
岡三オンライン証券

ギフトIPOは当選枚数が多いので、主幹事の野村證券ならかなり期待できそうです。また、100%完全抽選のマネックス証券松井証券などにもチャンスがありそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社