gooddaysホールディングス(4437)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月7日)から始まります。gooddaysホールディングスは、マザーズの小型IPOとして人気を集めそうです。

また、gooddaysホールディングスは単独上場なので、日程にも恵まれてる方だと思います。

gooddaysホールディングス

gooddaysホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名gooddaysホールディングス
コード4437
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
みずほ証券
SBI証券
東海東京証券
エイチ・エス証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月25日
仮条件決定日3月6日(2,000円~2,280円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月13日まで
公開価格決定日3月14日(2,280円に決定)
申込期間3月15日から3月20日まで
公募189,400株
売出し84,000株
OA32,800株
吸収金額7億円
時価総額36.9億円
想定価格2,280円→公開価格:2,280円
初値価格5,200円

SMBC日興証券 オンライントレード

gooddaysホールディングスIPOの事業内容

gooddaysホールディングスの事業は、「ITセグメント」と「暮らしTech(Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語)」に分類され、ITセグメントではシステム開発などのITソリューション等を提供しており、暮らしTechセグメントでは不動産のリノベーションや、入居者のための不動産仲介サイトの運営を通じた仲介等にかかわる事業を展開しています。

gooddaysホールディングスの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

ITセグメントでは、主に子会社のオープンリソース株式会社(ORC)と直接契約したエンドユーザー(主に小売業界)向けと、システム・インテグレータを仲介したエンドユーザー向けのシステム開発を行っています。

暮らしTechセグメントでは、子会社のハプティック株式会社を通じて、賃貸物件に特化し、賃貸住宅向けに設計・施工をパッケージ化したリノベーションパッケージ「TOMOS」を提供しています。

また、子会社のグッドルーム株式会社が提供する賃貸住宅の不動産仲介サイト「goodroom」を使い、入居者受付から内覧の案内、契約までの賃貸サービス業務を提供しています。

gooddaysホールディングスIPOの業績

gooddaysホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

gooddaysホールディングスIPOの業績は、今のところ好調に推移しているようです。

gooddaysホールディングスのIPO評価

gooddaysホールディングスは、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額7億円)も小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、gooddaysホールディングスは「暮らしTech(Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)」というキーワードでも注目されそうです。

よって、gooddaysホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。gooddaysホールディングスIPOは、公開価格の1.5倍を上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

gooddaysホールディングスIPOのその他情報はこちら

gooddaysホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

gooddaysホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。

主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券や、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券なども必ず申し込むつもりです。

gooddaysホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
丸三証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング