gooddaysホールディングス(4437)IPOの仮条件が決まっています。gooddaysホールディングスIPOは、マザーズへの単独上場で規模も小さいため、需給面で注目されると思います。

また、gooddaysホールディングスはIPOで人気になりにくい不動産関連銘柄と見られがちですが、ITにも力を入れているので、それでもそれなりの人気を集めそうです。

gooddaysホールディングス

gooddaysホールディングスIPOの関連記事

gooddaysホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!

gooddaysホールディングスIPOの新規上場を承認!日興主幹事!

gooddaysホールディングスIPOの仮条件

2,000円~2,280円

gooddaysホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の2,280円を上限に下方へ拡げたレンジで設定されています。

gooddaysホールディングスIPOは小型(吸収金額7億円)なので、もう少し強めの仮条件になるかと思いましたが、やや弱気な仮条件になっています。

ただ、公開価格が仮条件の上限で決まれば、結局のところ想定価格通りなので、特に問題ないと思います。

SMBC日興証券 オンライントレード
口座開設でIPO優遇特典ゲット

gooddaysホールディングスIPOの初値予想

4,000円 (想定価格比:+1,720円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,500円)

gooddaysホールディングスIPOは、何と言っても規模(吸収金額7億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も18,000株しかないため、需給面で人気化すると思います。

また、gooddaysホールディングスIPOは不動産事業とIT事業の二本立てなので、単なる不動産関連銘柄よりは、評価も高まりそうです。

さらに、gooddaysホールディングスIPOは単独上場で、暮らしTech((Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語))というテーマ性もあるため、4,000円の大台を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

gooddaysホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

gooddaysホールディングスIPOの幹事団

gooddaysホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 野村證券
みずほ証券
SBI証券
東海東京証券
エイチ・エス証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券

主幹事のSMBC日興証券は、新規に口座開設すれば、3ヶ月間IPO優遇特典を得られるので、まだ口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設するとお得です。

また、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券と、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込める岡三オンライン証券も要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社