Heartseed(219A)IPOの新規上場が承認されました。Heartseed(ハートシード)IPOは7月30日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、HeartseedのIPO主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

7月のIPOはHeartseedで6銘柄になりました。7月のIPOもほぼ出揃った感じですね。

HeartseedのIPO新規上場を承認

Heartseed(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名Heartseed
コード219A(医薬品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
極東証券
上場日7月30日
仮条件決定日7月11日(1,110円~1,160円に決定)
ブックビルディング期間7月12日から7月19日まで
公開価格決定日7月22日(1,160円に決定)
申込期間7月23日から7月26日まで
公募1,801,700株
(国内:1,413,700株
海外:388,000株)
売出し0株
OA270,200株
吸収金額23億円
(国内:18.7億円
海外:4.3億円)
時価総額244.2億円
想定価格1,110円→公開価格:1,160円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
Heartseed(219A)IPO主幹事のSMBC日興証券

Heartseed(219A)IPOの概要

Heartseedは心臓病の重大疾患のひとつである重症心不全の抜本的治療法を目指した心筋再生医療の事業化に取り組んでいる慶応義塾大学発のバイオベンチャーです。

Heartseedが再生医療等製品として開発している治療法は、iPS細胞から心筋細胞を作成し、それを凝集させた微小組織(心筋球)として重症心不全の患者に移植する、慶応義塾大学とHeartseedの独自技術を組み合わせたものになっています。

Heartseedはそれなりの規模(吸収金額23億円)ですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国およびカナダを除く)への販売や計3億円の親引けも予定されています。

Heartseedは赤字のバイオベンチャーなので、慎重に判断する必要がありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Heartseed(219A)IPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券を中心に、マネックス証券松井証券などの7社で構成されています。

マネックス証券
Heartseed(219A)IPO幹事のマネックス証券

Heartseed(219A)IPOの初値予想

Heartseed(219A)IPOの初値予想は、仮条件決定後(7月11日以降)に追記させていただきます。

1,260円 (想定価格比:+150円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社