ヒロセ通商(7185)のIPO新規上場が承認されました。3月14日に上場予定のLITALICO(りたりこ)から数えて実に五日連続の新規上場となります。

3月は予想以上のハイペースでIPOの新規上場が承認されています。こうなってくると、しっかりと銘柄を選別していかなければいけないですね。

ヒロセ通商(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヒロセ通商
コード7185
主幹事証券野村証券
幹事証券SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
岡三オンライン証券
みずほ証券
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
水戸証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月1日(800円~830円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公募価格決定日3月9日(830円に決定)
公募570,000株
売出し530,000株
OA165,000株
吸収金額10.5億円
想定価格830円

ヒロセ通商IPOの概要

ヒロセ通商は外国為替証拠金取引事業を手掛けているFX業者です。また、ヒロセ通商はオリコンDD株式会社が実施しているオリコン日本顧客満足度ランキングのFX取引部門において、2013年から3年連続総合第1位の評価を得ています。

手数料無料!ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商はFX業者の中でも知名度が高くて使い勝手も良さそうです。また、FXという事業自体には目新しさは感じませんが、吸収金額は10.5億円と小さめなので、そこそこの人気にはなりそうです。何はともあれ、3月のIPOは銘柄数が増えてきたので、色々な角度から検討しながら慎重に選別していきたいと思います。

ヒロセ通商(7185)の幹事団には、IPOに必須のSBI証券とIPO後期型の岩井コスモ証券が名を連ねています。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるので、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

岩井コスモ証券はIPO後期型なので、他の証券会社の抽選結果を確認後に申し込めるのがメリットです。

ヒロセ通商IPOの初値予想

ヒロセ通商IPOの初値予想は、仮条件発表後(3月1日)に追記させていただきます。

1,050円 (想定価格比:+220円)

↓下方修正

880円 (公募価格比:+50円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:900円~920円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:900円~1,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:830円~950円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:850円)


にほんブログ村

ヒロセ通商IPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ