ホープ(6195)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の5月30日から(6月3日まで)開始されます。ホープは6月のIPO第一弾ですが、アトラエ(6194)IPOとの同時上場になります。

また、ホープIPOは東証マザーズ市場と並んで福岡Q-Board市場へも新規上場する予定です。ちなみに、福岡Q-Board市場とは、福岡証券取引所が新興(ベンチャー)企業向けに開設した株式市場です。

ホープ

ホープ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ホープ
コード6195
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
野村証券
大和証券
岡三証券
SMBC日興証券
マネックス証券
エース証券
上場日6月15日
仮条件決定日5月26日(1,300円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間5月30日から6月3日まで
公募価格決定日6月6日(1,400円に決定)
申込期間6月7日から6月10日まで
公募110,000株
売出し158,500株
OA40,200株
吸収金額4.3億円
想定価格1,400円

ホープIPOの事業内容

ホープは、自治体の自主財源確保を支援するPPS事業を行っています。PPSとは、自治体が有する公共資産等を民間と共有することで、自治体には自主財源の確保を、民間には事業活動や販売促進活動の機会を提供するというサービスです。

また、ホープのPPS事業は、財源確保支援サービス、営業活動支援サービス、情報プラットフォームサービスの3つに区分されていますが、中でも財源確保支援サービスが売上高の大半を占めています。

ホープの業績

(※画像クリックで拡大)

ホープの業績は、このところ一気に伸びてきている感じで順調そうです。ちなみに、第21期は決算期の変更により、9ヶ月間の変則決算だったため、大きく落ち込んだようです。

ホープのIPO評価

ホープIPOは、一か月以上の空白期間を経て久々のIPOなので注目されそうです。また、ホープIPOは吸収金額4.3億円(想定価格ベース)の小型なマザーズIPOという点も好材料です。

ただし、ホープIPOはアトラエIPOとの同時上場なので、資金の分散は避けられませんね。しかも、ホープIPOよりもアトラエIPOの方が人気化しそうなので、初値形成に多少影響しそうです。

よって、ホープのIPO評価はAが妥当だと考えています。同時上場という点は残念ですが、それでも現時点で2倍程度の利益は狙えるのではと予想しています。

ホープIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ホープIPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、もちろん全力で臨む予定です。私はいまだに今年のIPOを一度もゲットしていないので、6月のIPOで何とか初当選したいところです。

ホープIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村証券 BB参加
大和証券 BB参加
岡三証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし

↓SBI証券の無料口座開設はこちら↓

SBI証券のIPOルールと詳細解説

↓SMBC日興証券の無料口座開設はこちら↓

SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説

↓マネックス証券の無料口座開設はこちら↓

マネックス証券のIPOルールと詳細解説


にほんブログ村

ホープIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ