HOUSEI(5035)IPOのBB(ブックビルディング)が7月11日から始まります。

HOUSEIは新聞社・出版社などメディア向けシステム構築や、自社開発のクラウドサービスを提供しています。

HOUSEIはunerryとの同時上場になりますが、どちらも小型なので資金分散の影響も小さそうです。

HOUSEI

HOUSEI(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名HOUSEI
コード5035(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
あかつき証券
いちよし証券
松井証券
マネックス証券
上場日7月28日
仮条件決定日7月7日(380円~400円に決定)
ブックビルディング期間7月11日から7月15日
公開価格決定日7月19日(400円に決定)
申込期間7月20日から7月25日まで
公募850,000株
売出し963,000株
OA271,900株
吸収金額8.8億円
時価総額28.4億円
想定価格420円→公開価格:400円
初値価格580円

マネックス証券

HOUSEI(5035)IPOの事業内容

HOUSEIは情報システム事業として、主に新聞社や出版社といった紙媒体のメディア事業者に対して、紙面構成を決める組版システムをはじめ、紙面管理システム、制作システム、広告管理システム、営業管理システム等の受託開発並びに保守を行っています。

また、HOUSEIは金融業、製造業、小売業等のメディア業界以外の業界向けのシステム開発並びに保守も行っています。

さらに、HOUSEIは顔認証システムやクラウド型CRMシステムなど、自社開発のシステムやソフトウエア及びクラウドサービスも提供しています。

HOUSEIの情報システム事業の事業系統図

HOUSEIの情報システム事業の事業系統図

(※画像クリックで拡大)

HOUSEIは越境EC事業として、中国の消費者向けに日本の製品を販売する越境ECショップが開設できるECプラットフォームを提供しています。

また、中国の個人輸入代行業者向け越境ECサービスとして化粧品や日用雑貨等の日本の消費財の販売も行っています。

HOUSEIの越境EC事業の事業系統図

HOUSEIの越境EC事業の事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. メディア業界向けの組版システムのうちクラウド化対応に向けたシステム等、一般事業者向けシステムとしてヘルスケア業界向けの画像処理・顔認証システム等への研究投資
  2. 受注増に伴う増加人件費等の運転資金

HOUSEI(5035)IPOの業績

HOUSEIの業績

(※画像クリックで拡大)

HOUSEI(5035)IPOの業績は概ね堅調に推移していますね。

HOUSEIのIPO評価

HOUSEIはunerryとの同時上場になりますが、直近のINTLOOPから約3週間空けての新規上場で規模(吸収金額8.8億円)も小さいため、それでも需給面で注目されると思います。

また、HOUSEIはクラウドというテーマ性がある事業を展開しており、業績も堅調に推移していることから、事業面でもそれなりの評価を得られそうです。

よって、HOUSEIのIPO評価はBが妥当だと考えています。HOUSEI(5035)IPOは公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HOUSEI(5035)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

HOUSEI(5035)IPOのBB(ブックビルディング)は全力で申し込む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、マネックス証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

HOUSEI(5035)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
いちよし証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング