ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの新規上場が承認されました。ハイブリッドテクノロジーズIPOは、12月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ハイブリッドテクノロジーズIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

本日はハイブリッドテクノロジーズIPOを含む7社が新規承認されましたが、明日もまだまだ新規承認されそうなので、凄まじいスケジュールになりそうですね。

ハイブリッドテクノロジーズ

ハイブリッドテクノロジーズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ハイブリッドテクノロジーズ
コード4260(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券
松井証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券
上場日12月23日
仮条件決定日12月3日(460円~500円に決定)
ブックビルディング期間12月7日から12月13日
公開価格決定日12月14日
申込期間12月15日から12月20日まで
公募2,600,000株
売出し68,700株
OA200,000株
吸収金額13.2億円
時価総額49.5億円
想定価格460円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ハイブリッドテクノロジーズIPO主幹事のSBI証券

ハイブリッドテクノロジーズIPOの概要

ハイブリッドテクノロジーズIPOはビジネスとテクノロジーの側面から顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのソフトウェア開発を軸とする「ハイブリッド型サービス」を提供しています。

また、ハイブリッドテクノロジーズIPOはITシステムに関連する課題だけでなく、各種業務・コミュニケーション・経営などの効率化を図るための、ITソリューションも幅広く提供しています。

ちなみに、ハイブリッドテクノロジーズIPOは日本に加え、各国の最先端IT企業が開発拠点を構えるベトナムにて500名以上の開発エンジニアを常時有しているため、IT人材不足に起因する開発遅延やデジタルトランスフォーメーション(DX)推進遅延などの課題解決のサポートが可能となっています。

ハイブリッドテクノロジーズIPOは5社同時上場になりますが、どちらかと言えば小型(吸収金額13.2億円)なDX関連IPOとして注目されそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ハイブリッドテクノロジーズIPOの幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、SMBC日興証券松井証券などの9社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

ハイブリッドテクノロジーズIPOの初値予想

ハイブリッドテクノロジーズIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月3日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:560円~660円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社