アイキューブドシステムズ(4495)IPOの新規上場が承認されました。アイキューブドシステムズIPOは、4月7日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、アイキューブドシステムズIPOの主幹事はまたしても野村證券が務めることになっています。3月に続いて、4月のIPOも次々と新規承認されているので、IPOが盛り上がるためにも、早く地合いが回復してほしいですね。

※上場中止になりました!

アイキューブドシステムズ

アイキューブドシステムズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイキューブドシステムズ
コード4495(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
西日本シティTT証券
岡三証券
岩井コスモ証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
上場日4月7日(上場中止
仮条件決定日3月17日→3月19日
ブックビルディング期間3月23日から3月26日まで
公開価格決定日3月27日
申込期間3月30日から4月2日まで
公募100,000株
売出し680,800株
OA117,100株
吸収金額26.8億円
時価総額152.8億円
想定価格2,990円
初値価格上場中止


アイキューブドシステムズIPO幹事のマネックス証券

アイキューブドシステムズIPOの概要

アイキューブドシステムズIPOは、MDM(Mobile Device Management(モバイルデバイス管理))市場で9年連続シェアNo.1(ミック経済研究所・ミックITリポート2020年1月号による)を獲得している「CLOMO」サービスを提供しています。

また、アイキューブドシステムズIPOはビジネスアプリとして、フィルタリング付きのセキュアブラウザ「CLOMO SecuredBrowser」、高度なセキュリティ機能を備えるメーラーアプリ「CLOMO SecuredMailer」、安全にスケジュールを共有できるグループカレンダーアプリ「CLOMO SecuredCalendar」、安全な共有アドレス帳アプリ「CLOMO SecuredContacts」、セキュリティ機能をもった社内ドキュメントファイル共有アプリ「CLOMO SecuredDocs」も提供しています。

アイキューブドシステムズIPOは、それなりの規模(吸収金額26.8億円)で売出株の多さも少し気になりますが、法人向けモバイルデバイス管理サービスという事業面で関心を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイキューブドシステムズIPOのその他情報はこちら

アイキューブドシステムズIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの8社で構成されています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

auカブコム証券株式会社
au カブコム証券のIPOルール

アイキューブドシステムズIPOの初値予想

アイキューブドシステムズIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月17日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社