イボキン(5699)IPOの新規上場が承認されました。イボキンIPOは、8月2日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、イボキンIPOの主幹事は東海東京証券が務めることになっています。早くも8月のIPOが新規承認されて良い感じですね。

イボキン

イボキン(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名イボキン
コード5699
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日8月2日
仮条件決定日7月12日(1,760円~1,930円に決定)
ブックビルディング期間7月17日から7月23日まで
公開価格決定日7月24日(1,930円に決定)
申込期間7月25日から7月30日まで
公募484,000株
売出し140,000株
OA93,600株
吸収金額12.6億円
時価総額28.5億円
想定価格1,760円→公開価格:1,930円
初値価格2,310円


イボキンIPO幹事のSBI証券

イボキンIPOの概要

イボキンIPOは、解体事業 、環境事業 、金属事業 、自動車リサイクルの4つの事業を中心に、資源リサイクルに取組んでいるリサイクル専門企業です。

また、イボキンIPOは廃棄物処理法および運送業許可に基づく収集運搬が可能な運輸部 と、廃棄物の終焉となる最終処分場も自社で管理しており、廃棄物の収集運搬からリサイクルおよび廃棄に至るまで,全ての工程を行えるワンストップサービスを展開しています。

イボキンIPOはそこそこの規模(吸収金額12.6億円)ですが、リサイクル事業は新鮮味に欠けるため、全体的には可もなく不可もなくという印象です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

イボキンIPOのその他情報はこちら

イボキンIPOでオススメの幹事証券

主幹事の東海東京証券はもちろんのこと、抽選に外れでもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も外せません。


SBI証券のIPOルール


また、IPOで主幹事を務めることが多く、取扱銘柄数もトップクラスのSMBC日興証券も要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール

イボキンIPOの初値予想

イボキンIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月12日以降)に追記させていただきます。

2,300円 (想定価格比:+540円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,000円~2,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング