イボキン(5699)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の7月17日からスタートします。イボキンは、8月最初のIPOで規模も大きくないため、需給面で注目されそうです。

ただ、同時上場するシステムサポートIPOの方が人気化しそうなので、やや割を食うかもしれませんね。

イボキン

イボキン(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名イボキン
コード5699
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日8月2日
仮条件決定日7月12日(1,760円~1,930円に決定)
ブックビルディング期間7月17日から7月23日まで
公開価格決定日7月24日(1,930円に決定)
申込期間7月25日から7月30日まで
公募484,000株
売出し140,000株
OA93,600株
吸収金額12.6億円
時価総額28.5億円
想定価格1,760円→公開価格:1,930円
初値価格2,310円

イボキンIPOの事業内容

イボキンは、「明るく積極堅実経営」を経営理念として掲げ、解体事業、環境事業、金属事業の持つの事業を中心に、資源循環型社会形成のための総合リサイクル事業を展開しています。

解体事業では、建築構造物やプラント・機械設備の解体・撤去工事を直接請け負っています。また、イボキンは「特定建設業」の許認可を有しているので、下請け会社に対する発注金が4千万円以上の大型解体案件も、直接受注することが出来ます。

環境事業では、産業廃棄物収集運搬及び中間処理並びに再生資源販売を中心に事業を展開しています。イボキンは、使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律に基づく再資源化事業者の認定を受けているので、様々な家庭用電気・電子機器類のリサイクルも行っています。

金属事業では、鉄・非鉄などの金属類のみ集荷して加工し、製鉄原料などの金属系再生資源として、主に製鉄メーカーなどに出荷・販売しています。また、使用済み自動車を解体し、再生資源として出荷すると共に自動車部品の販売も行っています。

イボキンIPOの業績

イボキンの業績

(※画像クリックで拡大)

イボキンIPOの業績は、概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうです。

イボキンのIPO評価

イボキンは、それほど規模(吸収金額12.6億円)が大きくなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)というテーマ性もあるため、それなりの人気を集めると思います。

ただ、リサイクル事業はIPO向きと言えず、同時上場するシステムサポートIPOの方が人気を集めそうなので、初値が跳ねる可能性は低いと思います。

よって、イボキンのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。イボキンIPOは、公開価格をやや上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

イボキンIPOのその他情報はこちら

イボキンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

イボキンIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事の東海東京証券だけでなく、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券にも申し込むつもりです。

イボキンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB検討中
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ