インバウンドテック(7031)IPOの新規上場が承認されました。インバウンドテックIPOは、6月27日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

インバウンドテックIPOは、既に新規承認されているエーアイプロパティデータバンクアイ・ピー・エスとの4社同時上場になってしまいました。

IPOが新規承認されるのは喜ばしいですが、とは言っても4社同時上場は避けてほしかったですね。

※新規上場の承認が取り消されました!

インバウンドテック

インバウンドテック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インバウンドテック
コード7031
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
香川証券
エイチ・エス証券
むさし証券
エース証券
マネックス証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月8日(3,810円~3,980円に決定)
ブックビルディング期間6月12日から6月18日まで
公開価格決定日6月19日(3,980円に決定)
申込期間6月20日から6月25日まで
公募135,000株
売出し64,400株
OA29,900株
吸収金額8.7億円
時価総額30.4億円
想定価格3,810円→公開価格:3,980円
初値価格新規上場の承認取り消し


インバウンドテックIPO幹事のSBI証券

インバウンドテックIPOの概要

インバウンドテックIPOは、24時間365日対応の多言語対応コンタクトセンター運営事業を中心に、業種に合わせた通訳ソリューションを展開している企業です。

さらに、インバウンドテックIPOは一般のコンタクトセンターBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスや、専門型の営業アウトソーシングサービスも提供しています。

インバウンドテックIPOは規模(吸収金額8.7億円)の小ささと、インバウンドというテーマ性で注目されそうです。

また、様々な通訳ソリューションは2020年に開催される東京オリンピックに向けて需要の拡大が見込めそうなので、一定の評価を得られると思います。

ただし、4社同時上場による資金分散の影響は頭に入れておく必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インバウンドテックIPOのその他情報はこちら

インバウンドテックIPOでオススメの幹事証券

主幹事の東海東京証券はもちろんのこと、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も申し込み必須です。


SBI証券のIPOルール


また、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券も要チェックです。


マネックス証券のIPOルール

インバウンドテックIPOの初値予想

インバウンドテックIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月8日以降)に追記させていただきます。

8,000円 (想定価格比:+4,190円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,500円~8,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:7,500円~9,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング