INCLUSIVE(7078)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月4日からスタートします。INCLUSIVEは、比較的規模が小さいため、需給面で注目されているようです。

ただ、INCLUSIVEはIPOラッシュ後半での新規上場というだけでなく、ファンペップスペースマーケットとの3社同時上場なので、買い疲れや資金分散の影響が気になりますね。

INCLUSIVE

INCLUSIVE(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名INCLUSIVE
コード7078
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
丸三証券
楽天証券
東海東京証券
マネックス証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月2日(2,010円~2,110円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日
申込期間12月12日から12月17日まで
公募200,000株
売出し225,000株
OA63,700株
吸収金額11.2億円
時価総額54億円
想定価格2,290円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]

INCLUSIVE(7078)IPOの事業内容

INCLUSIVEは、デジタルコミュニケーション事業として「メディアマネジメントサービス」「広告運用サービス」「プロモーション企画・PRサービス」「エンジニアリングサービス」を提供しています。

メディアマネジメントサービスでは、テレビ局や出版社などメディア企業のインターネットサービスの運営・支援や、事業会社のコミュニケーションツールに応えるソリューションを提供しています。

ちなみに、2019年9月時点では下記のメディアを含む24社、35のインターネットサービスの運営・支援を行っています。

INCLUSIVEの支援メディア

広告運用サービスでは、アドネットワークや広告の運用支援、及びウェブやSNS等配信プラットフォームに合わせたコンテンツマーケティングを展開しています。

プロモーション企画・PRサービスでは、クライアント向けの広告企画の立案・実施や、戦略PRサービスを提供しています。

エンジニアリングサービスでは、AIやIoT等のアプリ・ウェブサービスへの組み込みなど、最新技術ニーズにも対応できるエンジニアリングチームを保持しており、幅広いアプリケーションやインターネットサービスを開発しています。

INCLUSIVE(7078)IPOの業績

INCLUSIVEの業績

(※画像クリックで拡大)

INCLUSIVE(7078)IPOの売上は堅調に推移していて、利益もややバラついているものの伸びているようなので、概ね好調だと思います。

INCLUSIVEのIPO評価

INCLUSIVEは、どちらかと言えば規模(吸収金額11.2億円)が小さめで、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たりません。ただ、IPOラッシュ後半での3社同時上場という点は懸念材料です。

また、アドテク(インターネット広告技術)関連事業に目新しさは感じませんが、根強い人気があって業績も好調なので、それなりに注目されそうです。

よって、INCLUSIVEのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。INCLUSIVE(7078)IPOは、公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

INCLUSIVE(7078)IPOのその他情報はこちら

INCLUSIVE(7078)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

INCLUSIVE(7078)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のみずほ証券は当然ながら、100%完全抽選の楽天証券マネックス証券などの平幹事もしっかりと申し込みたいと思います。

INCLUSIVE(7078)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
丸三証券 BB参加
楽天証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング