インターファクトリー(4057)IPOの仮条件が決まっています。インターファクトリーは8月最後のIPOで、今のところその後のIPOも新規承認されていないため、期待度が高まっているようです。

また、インターファクトリーIPOの共同主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことができるため、にほんブログ村などにボーダーラインや当選配分数の予想も色々とアップされそうですね。

インターファクトリー

インターファクトリーIPOの関連記事

インターファクトリーIPOの新規上場を承認!日興とSBIが共同主幹事

インターファクトリーIPOのBBスタンスとIPO評価!EC関連IPO

インターファクトリーIPOの仮条件

870円~960円

インターファクトリーIPOの仮条件は、想定価格の840円を上回る強気の設定になっています。

インターファクトリーIPOは当初から注目されていたので、仮条件の上振れも想定内だと思います。

ちなみに、インターファクトリーIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は9.3億円から10.7億円にアップしますが大差ないですね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

インターファクトリーIPOの初値予想

3,000円⇒4,000円 (公開価格比:+3,040円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,800円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,900円~2,200円)

インターファクトリーIPOは、マザーズへの単独上場で規模(10.7億円)も小さいため、需給面だけでも人気化すると思います。

また、クラウド型のECプラットフォーム事業もIPOで人気になりやすいため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、インターファクトリーIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約50万株)が少し気になりますが、それでも初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インターファクトリーIPOのその他初値予想はこちら

インターファクトリーIPOの幹事団

インターファクトリーIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
幹事証券 いちよし証券
丸三証券
松井証券

インターファクトリーIPOの幹事団はコンパクトなので、共同主幹事のSMBC日興証券SBI証券をはじめ、松井証券などの平幹事も全て申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社