2017年の4月までに新規上場したIPO(新規公開株)の初値と現在の株価を比較してみました。

こうしてまとめてみると、当初の評価よりも大きく伸びている銘柄や、評価ほど伸びなかった銘柄など、色々と見えてきて面白いです。

IPOの株価

2017年4月までに新規上場したIPOの初値と現在の株価の比較リスト(2017年4月29日現在)
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公募価格
初値価格
現在の株価 差異
3976
シャノン
1月27日
東洋証券
1,500円
6,310円
3,745円 -2,565円
3478
森トラスト・
ホテルリート投資法人
2月7日
野村證券
14.3万円
14.5万円
15.2万円 7,000円
1439
安江工務店
2月10日
東海東京証券
1,250円
1,300円
1,666円 366円
6543
日宣
2月16日
大和証券
1,600円
3,000円
2,494円 -506円
9519
レノバ
2月23日
大和証券
750円
1,125円
1,308円 183円
3977
フュージョン
2月23日
岡三証券
1,140円
2,872円
1,509円 -1,363円
3557
ユナイテッド&
コレクティブ
2月23日
SMBC日興証券
1,620円
4,500円
4,375円 -125円
3558
ロコンド
3月7日
野村證券
1,850円
2,625円
1,728円 -897円
3559
ピーバンドットコム
3月9日
SBI証券
1,650円
3,530円
2,415円 -1,115円
9325
ファイズ
3月15日
大和証券
1,250円
4,010円
7,070円 3,060円
3979
うるる
3月16日
野村證券
3,000円
3,330円
3,940円 610円
3560
ほぼ日
3月16日
みずほ証券
2,350円
5,360円
5,090円 -270円
3981
ビーグリー
3月17日
SMBC日興証券
1,880円
1,881円
1,873円 -8円
6544
ジャパンエレベーター
サービスホールディングス
3月17日
野村證券
550円
890円
1,249円 359円
3561
力の源ホールディングス
3月21日
野村證券
600円
2,230円
2,211円 -19円
6545
インターネット
インフィニティー
3月21日
みずほ證券
1,320円
5,040円
5,180円 140円
3978
マクロミル
3月22日
三菱UFJモルガン
スタンレー証券
・他
1,950円
1,867円
1,954円 87円
6546
フルテック
3月22日
野村證券
600円
1,230円
925円 -305円
6547
グリーンズ
3月23日
野村證券
1,400円
1,521円
1,403円 -118円
3983
オロ
3月24日
野村證券
2,070円
4,750円
3,265円 -1,485円
4957
ソレイジア・ファーマ
3月24日
みずほ證券
185円
234円
530円 296円
3479
ティーケーピー
3月27日
野村證券
6,060円
10,560円
14,200円 3,640円
6694
ズーム
3月28日
野村證券
1,520円
2,278円
1,606円 -672円
3562
NO.1
3月28日
SBI証券
1,570円
3,460円
2,654円 -806円
9283
日本再生可能エネルギー
インフラ投資法人
3月29日
SMBC日興証券
9.3万円
8.92万円
8.2万円 -7,200円
3964
オークネット
3月29日
野村證券
1,100円
1,300円
1,345円 45円
3563
スシローグローバル
ホールディングス
3月30日
野村證券・他
3,600円
3,340円
3,615円 275円
3984
ユーザーローカル
3月30日
大和証券
2,940円
12,500円
9,400円 -3,100円
6175
ネットマーケティング
3月31日
SBI証券
1,140円
1,552円
1,294円 -258円
3985
テモナ
4月6日
SMBC日興証券
2,550円
8,050円
9,600円 1,550円
7940
ウェーブロック
ホールディングス
4月10日
みずほ証券
750円
721円
681円 -40円
3564
LIXILビバ
4月12日
野村證券
SMBC日興証券
2,050円
1,947円
2,006円 59円
6548
旅工房
4月18日
大和証券
1,370円
3,750円
4,870円 1,120円
3565
アセンテック
4月25日
SBI証券
2,000円
3,750円
6,660円 2,910円


にほんブログ村

ざっと見たところでは、アマゾン関連銘柄として注目されていたファイズ(9325)が、上場後も大きく値を上げています。

また、赤字のバイオ株として評価の低かったソレイジア・ファーマ(4957)は、低価格で買いやすいということもあり、評価を覆して大躍進しています。

さらに、値がさ株として注目されていたティーケーピー(3479)は、値がさをものともせず、さらに値を伸ばしていますね。

その他、直近のIPOでは、前日(4月28日)にストップ高で取引を終えたテモナ(3985)と、上場したばかりのアセンテック(3565)に、資金が集中しているようです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

5月はIPOの新規上場が無いため、上記のIPOの中で低調な銘柄でも、見直される可能性があるので、今後の値動きに要注目です。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社