2月のIPOは、REIT(リート)とインフラファンドを含め7銘柄が新規承認されています。2月は、予想していたよりも多くのIPOが新規上場することになったので楽しみです。

来月の6日には、今年のIPO第一弾となる識学(7049)IPOのBB(ブックビルディング)が始まります。そこで、年初第一弾だったIPOの初値結果を過去5年に遡って調べてみました。

年初第一弾のIPO

年初第一弾だったIPOの初値結果(2014年~2018年)
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公開価格
吸収金額
初値価格 騰落率
4589
アキュセラ・インク
2014年2月
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
1,800円
190億円
2,300円 27.8%
6036
KeePer技研
2015年2月
東海東京証券
2,120円
19.5億円
3,160円 49.1%
3930
はてな
2016年2月
SMBC日興証券
800円
6.9億円
3,025円 278.1%
3976
シャノン
2017年1月
東洋証券
1,500円
2.6億円
6,310円 320.7%
4380
Mマート
2018年2月
みずほ証券
1,240円
8.4億円
5,380円 333.9%

※騰落率={(初値価格-公開価格)÷公開価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

年初第一弾だった過去5年のIPOは、上記の通り全て公開価格を上回る初値が付いています。また、年初第一弾となるIPOの初値は跳ねるというアノマリー通り、高い初値を付けた銘柄が目立ちます。

特に、吸収金額が10億円未満だった小型IPOのはてな、シャノン、Mマートは、いずれも初日値付かずだったので、同じく小型(吸収金額6.2億円)の識学もかなり期待できそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング