平成の株式市場は昨日(4月26日)で幕を閉じました。10連休のゴールデンウイーク明けからは、いよいよ令和での株式市場が幕を開けます。

そこで、平成最終年(2019年1月~4月)に新規上場したIPO(REITとインフラ含む)の初値と現在の株価をチェックしてみました。

平成最終年に新規上場したIPO

平成最終年に新規上場したIPOの初値と現在の株価
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公開価格
初値価格
現在の株価 差異
9286
エネクス・インフラ投資法人
2月13日
SMBC日興証券
大和証券
92,000円
88,300円
86,500円 -1,800円
2971
エスコンジャパン
リート投資法人
2月13日
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
101,000円
97,200円
102,100円 4,900円
7049
識学
2月22日
SMBC日興証券
1,800円
4,550円
6,110円 1,560円
4429
リックソフト
2月26日
大和証券
4,000円
9,050円
15,500円 6,450円
4430
東海ソフト
2月27日
野村證券
1,500円
2,872円
2,085円 -787円
7050
フロンティア
インターナショナル
2月28日
SMBC日興証券
2,410円
2,715円
2,568円 -147円
4431
スマレジ
2月28日
大和証券
1,370円
3,225円
3,225円 0円
1887
日本国土開発
3月5日
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
510円
624円
751円 127円
2972
サンケイリアル
エステート投資法人
3月12日
大和証券
100,000円
97,000円
111,500円 14,500円
7673
ダイコー通産
3月12日
野村證券
1,540円
1,732円
1,610円 -122円
4434
サーバーワークス
3月13日
大和証券
4,780円
18,000円
17,100円 -900円
7057
エヌ・シー・エヌ
3月14日
野村證券
800円
1,214円
956円 -258円
4435
カオナビ
3月15日
大和証券
1,980円
3,970円
6,040円 2,070円
7058
共栄セキュリティーサービス
3月15日
みずほ証券
2,100円
2,866円
2,655円 -211円
1451
KHC
3月19日
野村證券
850円
832円
680円 -152円
7059
コプロ・ホールディングス
3月19日
大和証券
2,090円
2,395円
1,907円 -488円
4436
ミンカブ・ジ・
インフォノイド
3月19日
SBI証券
1,050円
1,400円
1,105円 -295円
7060
ギークス
3月20日
SMBC日興証券
1,930円
2,900円
4,220円 1,320円
4437
gooddaysホールディングス
3月25日
SMBC日興証券
2,280円
5,200円
3,750円 -1,450円
7674
NATTY SWANKY
3月28日
SMBC日興証券
3,270円
3,930円
3,105円 -825円
7061
日本ホスピス
ホールディングス
3月28日
野村證券
1,000円
1,466円
2,297円 831円
7062
フレアス
3月28日
SMBC日興証券
1,850円
4,045円
3,235円 -810円
7063
エードット
3月29日
みずほ証券
1,110円
2,453円
3,150円 697円
4438
Welby
3月29日
SMBC日興証券
5,200円
18,030円
15,930円 -2,100円
4439
東名
4月3日
東海東京証券
3,290円
4,205円
2,900円 -1,305円
4440
ヴィッツ
4月8日
東海東京証券
2,650円
6,100円
5,890円 -210円
7064
ハウテレビジョン
4月24日
みずほ証券
1,210円
3,745円
3,240円 -505円
7676
グッドスピード
4月25日
東海東京証券
1,400円
1,750円
1,550円 -200円
4441
トビラシステムズ
4月25日
大和証券
2,400円
5,420円
5,600円 180円

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

こうして見ると、約6割のIPO銘柄が初値より価格を下げているので、初値はやや高騰気味といった感じですね。

ただ、識学(7049)、リックソフト(4429)、カオナビ(4435)、ギークス(7060)など、新規上場する前から評価の高かった銘柄の中には、順調に値を上げているものもあります。

ゴールデンウイーク明けは、5月末のバルテス(4442)までIPOの新規上場がないため、4月までに新規上場したIPOの中から、見直し買いが入る銘柄もありそうなので要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

ゴールデンウイーク明けからは、6月のIPOラッシュに向けて、次々とIPOが新規承認されると思うので、今のうちから準備しておくことをオススメします。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社