ゴールデンウイーク明けからは、いよいよ令和でのIPOがスタートします。そこで、平成最終年(2019年1月~4月)に新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5をリストアップしてみました。

すでに新規承認されているバルテス(4442)から令和のIPOがスタートします。これから新規上場するIPOが、どのくらい初値騰落率ベスト5に食い込んでくるか楽しみですね。

2019年前半のIPO初値騰落率ベスト5

2019年IPO前半戦の初値騰落率ベスト5(5月2日時点)
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

4434
サーバーワークス
3月13日
大和証券
マザーズ
17.7億円
4,780円
18,000円
13,220円
276.6%
2位

4438
Welby
3月29日
SMBC日興証券
マザーズ
9.8億円
5,200円
18,030円
12,830円
246.7%
3位

7064
ハウテレビジョン
4月24日
みずほ証券
マザーズ
4.4億円
1,210円
3,745円
2,535円
209.5%
4位

7049
識学
2月22日
SMBC日興証券
マザーズ
6.8億円
1,800円
4,550円
2,750円
152.8%
5位

4431
スマレジ
2月28日
大和証券
マザーズ
24.1億円
1,370円
3,225円
1,855円
135.4%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

毎年のことですが、やはりマザーズの小型IPOが上位にランクインしていますね。また、サーバーワークスとスマレジはやや規模がありましたが、IPO向きのテーマ性で人気化し、高い初値を付けています。

今年後半のIPOでも、マザーズ小型(吸収金額10億円未満)テーマ性が初値高騰のポイントになりそうですね。

また、大和証券SMBC日興証券が主幹事を務めた銘柄が上位を占めているので、今後も大和証券SMBC日興証券が主幹事を務めるIPO銘柄は要注目です。


IPO・新規公開株ランキング

IPO投資では、申し込める証券会社が多いほど有利なので、今のうちに新たな口座を開設して、今後のIPOに備えましょう。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社