年が明けて大発会も終えたので、そろそろ新たなIPOが新規承認されるかと心待ちにしていましたが、残念ながらIPOの新規承認はありませんでした。

そこで、2019年に新規承認したIPOの騰落率ベスト5をリストアップしてみました。今年のIPO騰落率ベスト5はこれを上回るか楽しみですね。

IPO騰落率ベスト5

2019年のIPO騰落率ベスト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

4482
ウィルズ
12月17日
みずほ証券
マザーズ
3.5億円
960円
4,535円
3,575円
372.4%
2位

4434
サーバーワークス
3月13日
大和証券
マザーズ
17.7億円
4,780円
18,000円
13,220円
276.6%
3位

4488
AI inside
12月25日
野村證券
マザーズ
20.7億円
3,600円
12,600円
9,000円
250%
4位

4438
Welby
3月29日
SMBC日興証券
マザーズ
9.8億円
5,200円
18,030円
12,830円
246.7%
5位

7080
スポーツフィールド
12月26日
SMBC日興証券
マザーズ
9.5億円
2,730円
8,500円
5,770円
211.4%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

2019年のIPO騰落率No.1は、規模が小さくて価格も手ごろだったウィルズ(4482)でした。ただ、前評判はそこまで高くなかったので、1位になるとは思いませんでした。

また、金額的には2位のサーバーワークス(4434)が一撃で1,322,000円となっています。また、4位のWelby(4438)も一撃で1,283,000円の利益となっています。一撃で100万を超える利益を得られる可能性もあることがIPOの醍醐味ですね。

ベスト5のうち3銘柄は12月に新規上場したIPOということが、昨年12月の地合いの良さを如実に物語っています。

また、ベスト5のうちの2銘柄はSMBC日興証券が主幹事を務めてるので、今年のIPOでも期待できそうです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

IPOは上記のように大きな利益を得られる可能性があるので、落選してもめげずにコツコツと申し込むことをオススメします。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング