IPOでは、配分数(割当数)が一番多い主幹事の証券会社に申し込むのが最優先です。資金が少ない方は、とりあえず主幹事だけ申し込んでおけば良いと思います。

ただ、個人的にはこれまで平幹事でも意外とIPOに当選しているので、平幹事も軽視できないと考えています。ちなみに、私が過去に平幹事で当選したIPOをリストアップしてみました。

平幹事のIPO当選実績

平幹事でのIPO当選実績(2014年~2019年)
上場日
銘柄名
証券会社 株数 公募価格 初値価格 利益(1単元)
2014年3月
ダイキョー
ニシカワ
SMBC日興証券 100 1,600円 1,799円 19,900円
2015年4月
Gunosy
SMBC日興証券 100 1,520円 1,520円 0円
2015年10月
ゆうちょ銀行
マネックス証券 100 1,450円 1,680円 23,000円
2015年10月
ゆうちょ銀行
松井証券 100 1,450円 1,680円 23,000円
2015年10月
日本郵政
マネックス証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
松井証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
au カブコム証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2015年10月
日本郵政
丸三証券 100 1,400円 1,631円 23,100円
2016年6月
コメダ
ホールディングス
マネックス証券 100 1,960円 1,867円 -9,300円
2016年7月
LINE
マネックス証券 100 3,300円 4,900円 160,000円
2016年10月
キャピタル
・アセット
・プランニング
大和証券 100 2,000円 4,600円 260,000円
2018年7月
MTG
大和証券 100 5,800円 7,050円 125,000円
2018年12月
ソフトバンク
岡三証券 100 1,500円 1,463円 -3,700円
2019年3月
ミンカブ・ジ
・インフォノイド
マネックス証券 100 1,050円 1,400円 35,000円
合計 725,300円

※利益金額は全て初値売りで換算(税・手数料込)

※私は家族口座などは一切含めていないので、全て私個人の当選結果です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

平幹事は、主幹事よりも配分数(割当数)が少ないため、そう簡単には当選しません。ただ、上記のように全く当選しないわけでもないので、資金に余裕がある時にはなるべく申し込んだほうが良いと思います。

特に、郵政グループやソフトバンクのような超大型IPOでは、平幹事が穴場になる可能性もあるので申し込む必須です。

個人的には、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスあるマネックス証券が比較的当たりやすい気がしています。


マネックス証券のIPOルール

また、最近IPOに力を入れている松井証券楽天証券や、ひと株からIPOを購入することができるSBIネオモバイル証券も要注目です。

SBIネオモバイル証券


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング