イワキポンプ(6237)のIPO新規上場が承認されました。3月18日は、フェニックスバイオ(6190)、グローバルグループ(6189)、アグレ都市デザイン(3467)、ヒロセ通商(7185)と合わせて5銘柄が同時上場することになってしまいました。

3月は15日も3銘柄同時上場なので、さすがに買い疲れなども起きそうですね。本日、株式市場は久々に暴騰しましたが、まだまだ地合は不安定な感じです。3月のIPOに向かって上昇トレンドを描いてくれることを願うばかりです。

イワキポンプ

イワキポンプ(東証二部IPO)のIPO基本情報

銘柄名イワキポンプ
コード6237
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月1日(1,900円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公募価格決定日3月10日(2,000円に決定)
公募600,000株
売出し0株
OA90,000株
吸収金額13.6億円
想定価格1,970円

イワキポンプIPOの概要

イワキポンプは化学薬品等の薬液移送に使用されるケミカルポンプ及びポンプ専用コントローラ等の周辺機器の開発、製造、仕入及び販売(輸出入を含む)を手掛けている企業です。

イワキポンプは技術力で勝負している堅実な企業という印象です。しかし、5社同時上場という過酷なスケジュールに加えて東証二部市場への上場ということで苦戦するかもしれません。

イワキポンプ(6189)の幹事団には、IPOで必須のSMBC日興証券、IPOでお馴染みのSBI証券カブドットコム証券、そしてIPOの穴場的な丸三証券が名を連ねています。

SMBC日興証券はIPOで主幹事を務めることが多いため、是非押さえておきたい証券会社です。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるため、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることが出来ます。(※SBI証券のIPOチャレンジポイントについて

カブドットコム証券のIPOは100%完全抽選なので、口座開設したばかりの方でも公平に当選のチャンスがあります。

丸三証券は他の証券会社に比べて口座数が少ないので狙い目の証券会社です。

イワキポンプIPOの初値予想

イワキポンプIPOの初値予想は、仮条件発表後(3月1日)に追記させていただきます。

1,970円 (想定価格比:0円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~2,200円)


にほんブログ村

イワキポンプIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ