ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOは、仮条件が下振れしてしまったため、警戒感が増しているようです。

また、インフラファンドIPOは初値の公開価格割れが続いていることも不安材料ですね。

ジャパン・インフラファンド投資法人

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの過去記事

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの初値予想!仮条件は下振れ

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOのBBスタンスとIPO評価!

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの新規上場を承認!今年初のインフラIPO!

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの配分数(割当数)

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券82%を占めています。

また、ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの平幹事はSMBC日興証券のみなので、SMBC日興証券にもチャンスがありそうです。

ただ、ジャパン・インフラファンド投資法人IPOは通常のIPOとは異なるインフラファンドIPOで、インフラファンドIPOのこれまでの初値実績も芳しくないため、長期保有が視野に入れられないならば、手を出さないほうが良いと思います。

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 57,810口 82% 5,781口 A
SMBC日興証券 12,690口 18% 1,269口 B
合計 70,500株 100% 7,050枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジャパン・インフラファンド投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は2月10日に締め切られるので、これから申し込まれる方はお気を付けください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング