日本ビジネスシステムズ(5036)IPOの仮条件が発表されました。日本ビジネスシステムズは8月最初のIPOとして注目されています。

IPOの地合いは依然としてパッとしないので、IPO後半戦が本格的にスタートする7月後半から8月までに、少しでも雰囲気が良くなっていてほしいですね。

日本ビジネスシステムズ

日本ビジネスシステムズIPOの関連記事

日本ビジネスシステムズIPOの新規上場を承認!三菱とみずほが共同主幹事

日本ビジネスシステムズIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO

日本ビジネスシステムズIPOの仮条件

1,420円~1,520円

日本ビジネスシステムズIPOの仮条件は、想定価格の1,420円を下限に上方へやや拡げて設定されています。

最近は、小型IPOでも仮条件が下振れしていたので、やや強めの仮条件は意外でした。

ちなみに、日本ビジネスシステムズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は39.8億円から42.6億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

日本ビジネスシステムズIPOの初値予想

1,600円 (想定価格比:+180円)

(※大手予想会社の初値予想:1,520円~1,900円)

↓(上場直前の初値予想)

1,900円 (公開価格比:+380円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,000円)

日本ビジネスシステムズIPOは吸収金額が想定価格ベースで42.6億円と大きいため、需給面にやや不安があります。

ただ、日本ビジネスシステムズIPOは約10.8億円が親引けされる予定なので、実質的な吸収金額は31.8億円になります。また、売出株ゼロの公募株のみというのもプラス要素です。

さらに、日本ビジネスシステムズIPOはクラウドDX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性のある事業を展開していて、業績も堅調に推移していることから、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、日本ビジネスシステムズIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本ビジネスシステムズIPOの幹事団

日本ビジネスシステムズIPOの幹事団
主幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
幹事証券 野村證券
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
東洋証券
むさし証券
auカブコム証券
岡三オンライン

日本ビジネスシステムズIPOの幹事団は数が多いので、当選を狙うならなるべく多くの証券会社に申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社