日本ビジネスシステムズ(5036)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。日本ビジネスシステムズは8月のIPO第一弾なので、注目度は高そうです。

ただ、日本ビジネスシステムズIPOはやや規模が大きいため、今の地合いだと参加するかどうか悩ましいところですね。

日本ビジネスシステムズ

日本ビジネスシステムズIPOの過去記事

日本ビジネスシステムズIPOの新規上場を承認!三菱とみずほが共同主幹事

日本ビジネスシステムズIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO

日本ビジネスシステムズIPOの初値予想!仮条件はやや強め

日本ビジネスシステムズIPOの配分数(割当数)

日本ビジネスシステムズIPOの配分数(割当数)は、共同主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券みずほ証券が合わせて約84%を占めているので期待できそうです。

また、SBI証券も平幹事の中で当選枚数が一番多いので、それなりにチャンスがありそうです。

日本ビジネスシステムズIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
(主幹事)
1,268,300株 52% 1,268枚 A
みずほ証券 (主幹事) 780,100株 32% 780枚 B
野村證券 73,100株 3% 73枚
SMBC日興証券 73,100株 3% 73枚
東海東京証券 73,100株 3% 73枚
SBI証券 73,100株 3% 329枚 C
岡三証券 24,300株 1% 24枚
岩井コスモ証券 24,300株 1% 24枚
東洋証券 24,300株 1% -枚
むさし証券 24,300株 1% 24枚
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
岡三オンライン ?株 ?% ?枚
合計 2,438,000株 100% 2,668枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

日本ビジネスシステムズIPOのBB(ブックビルディング)は7月15日からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社