霞ヶ関キャピタル(3498)IPOが、明日(11月28日)東証マザーズ市場へ新規上場します。

霞ヶ関キャピタルIPOは、直近のアクセスグループ・ホールディングスIPOから約3週間空けての新規上場で、規模も小さいため、間違いなく人気化すると思います。

霞ヶ関キャピタルは11月最後のIPOなので、良い形で締めくくってほしいですね。

霞ヶ関キャピタル

霞ヶ関キャピタルIPOの過去記事

霞ヶ関キャピタルIPOの抽選結果!公開価格は3,240円!

霞ヶ関キャピタルIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

マネックス証券が霞ヶ関キャピタルIPOの委託幹事入り!

霞ヶ関キャピタルIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

霞ヶ関キャピタルIPO上場直前の初値予想

7,460円 (公開価格比:+4,220円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,000円~6,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~8,600円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:7,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,980.80円

霞ヶ関キャピタルIPO上場直前の初値予想は、当初からアップしていた6,500円から7,460円に上方修正したいと思います。

霞が関キャピタルIPOは、何と言っても規模(吸収金額5億円)が小さいため、需給面で人気を集めると思います。

太陽光発電不動産事業はIPOで人気になりにくく、新鮮味にも欠けますが、久しぶりのIPOで地合いも以前より少し良くなっているようなので、初日の気配上限価格(7,460円)を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

霞が関キャピタルIPOのその他初値予想はこちら

霞が関キャピタルIPO初値決定前の気配運用

霞が関キャピタルIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の7,460円で、更新値幅165円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の2,430円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、810円以上で12,960円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング