KHネオケム(4189)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の23日からスタートします。KHネオケムは、IPO的に不人気な化学セクターで、規模(吸収金額507.3億円)も大きいため、かなり厳しい新規上場になりそうです。

KHネオケム

KHネオケム(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名KHネオケム
コード4189
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
大和証券
野村証券
SBI証券
マネックス証券
上場日10月12日
仮条件決定日9月21日(1,330円~1,670円に決定)
ブックビルディング期間9月23日から9月29日まで
公開価格決定日9月30日(1,380円に決定)
申込期間10月3日から10月6日まで
公募2,614,400株
売出し23,800,000株
OA3,962,100株
吸収金額507.3億円
想定価格1,670円


KHネオケムIPOで幹事を務めるSMBC日興証券

KHネオケムIPOの事業内容

KHネオケムは、「オキソ技術」と呼ばれる製造方法をコア技術として、各種石油化学製品の製造や販売を主たる業務としている企業です。

KHネオケムは、コア技術である『オキソ反応(ヒドロホルミル化反応)』に、有機合成技術・精製(高純度化)技術・品質管理技術を組み合わせることで、独自の技術を確立し、人々の暮らしに欠かせない多くの素材を提供しています。

KHネオケムの製品は、溶剤(塗料、インキ、シンナー、洗浄剤)、可塑剤原料、樹脂原料、潤滑油原料、水系塗料、化粧品、液晶、半導体など、様々な分野で利用されています。

KHネオケムIPOの業績

KHネオケムの業績

(※画像クリックで拡大)

KHネオケムIPOの業績は、子会社の売却によりバラついていますが、それを考慮しても好調とは言えませんね。

KHネオケムのIPO評価

KHネオケムIPOは、吸収金額(想定価格ベースで507.3億円)が今年三番目に大きく、売出株も公募株の約9倍と多いことから、需給面に大きな不安があります。

また、KHネオケムIPOは、事業内容も新鮮味に欠けるため、さらに敬遠されそうですね。

よって、KHネオケムのIPO評価はDが妥当だと考えています。KHネオケムは、不安材料ばかりが目立ち、投資ファンドの出口案件という見方も強いため、残念ながら公開価格を割れる可能性が非常に高いと予想しています。


にほんブログ村

KHネオケムIPOのその他情報はこちら

KHネオケムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

KHネオケムのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。ただ、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

KHネオケムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
大和証券 BB不参加
野村証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB不参加


SBI証券の公式サイト

超大型なJR九州(九州旅客鉄道)IPOが、10月25日に新規上場するので、早めに新たな証券口座を開設して、複数当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ