KHC(1451)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の3月1日からスタートします。KHCは、IPOで人気になりにくい東証2部への新規上場なので、あまり注目されていないようです。

また、KHCはミンカブ・ジ・インフォノイドコプロ・ホールディングスとの3社同時上場なので、資金分散の影響も気になりますね。

KHC

KHC(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名KHC
コード1451
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
藍澤證券
カブドットコム証券
上場日3月19日
仮条件決定日2月27日(800円~850円に決定)
ブックビルディング期間3月1日から3月7日まで
公開価格決定日3月8日(850円に決定)
申込期間3月11日から3月14日まで
公募200,000株
売出し1,334,000株
OA230,000株
吸収金額15億円
時価総額33.2億円
想定価格850円→公開価格:850円
初値価格832円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

KHC(1451)IPOの事業内容

KHCグループは、KHC及び連結子会社5社(株式会社勝美住宅住宅の横綱大和建設株式会社株式会社明石住建パル建設株式会社株式会社Labo)で構成されており、持株会社として自社グループの経営管理及びそれに関連する業務を行っています。

また、連結子会社5社は大阪・神戸のベッドタウンである兵庫県播磨地域を中心に、経営戦略として掲げているマルチブランド戦略に基づき、各社のブランドによる住宅請負をメインとした事業を展開しています。

KHCグループの概要

(※画像クリックで拡大)

KHCは、顧客が求めるライフスタイルや、感性および価値観並びに建物の性能に至るまで、こだわりを持った企画・提案を行うとともに、グループとしての強みを活かした多方面からのプロモーションを実施することで、幅広い顧客層からの集客を確保しています。

KHC(1451)IPOの業績

KHCの業績

(※画像クリックで拡大)

KHC(1451)IPOの業績は、概ね堅調に推移していますが、頭打ちといった印象も受けますね。

KHCのIPO評価

KHCは、東証2部というだけでなく、親子上場日本アジアグループ株式会社の子会社)なので、人気になりにくい印象です。

また、兵庫県播磨地域を中心とした不動産事業も地味なので、注目度も低いと思います。さらに、売出株(1,334,000株)の多さも懸念材料です。

よって、KHCのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。KHC(1451)IPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

KHC(1451)IPOのその他情報はこちら

KHC(1451)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

KHC(1451)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込もうと思います。

KHC(1451)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング