Kids Smile Holdings(7084)IPOのBB(ブックビルディング)が、2月14日のバレンタインデーからスタートします。

Kids Smile Holdingsは、保育園運営や幼児教育プログラムの開発などを行っていることで関心を集めているようです。

また、3月のIPOラッシュ序盤での単独上場なので、日程にも恵まれている方ですね。

Kids Smile Holdings

Kids Smile Holdings(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Kids Smile Holdings
コード7084(サービス業)
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)野村證券
岩井コスモ証券
エース証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
SBI証券
岡三証券
東海東京証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日3月4日
仮条件決定日2月12日(2,160円~2,260円に決定)
ブックビルディング期間2月14日から2月20日まで
公開価格決定日2月21日(2,260円に決定)
申込期間2月25日から2月28日まで
公募450,000株
売出し350,000株
OA120,000株
吸収金額20.8億円
時価総額71.2億円
想定価格2,260円→公開価格:2,260円
初値価格2,732円

Kids Smile Holdings(7084)IPOの事業内容

Kids Smile Holdingsは、プレスクール一体型保育園4園、認可保育園46園、幼児教室1校の計51施設(2019年12月31日現在)の保育施設を運営しています。

Kids Smile Holdingsの運営施設

認可保育園においては、オリジナル幼児教育プログラム「KID’S PREP.PROGRAM(キッズプレッププログラム)」を全園で提供するとともに、一部の園ではモンテッソーリプログラムや専門講師を招いての体操プログラム等も取り入れています。

プレスクール一体型保育園(認可外保育施設)では、「KID’S PREP.PROGRAM(キッズプレッププログラム)」とモンテッソーリプログラムを全園で実施するとともに、レッジョ・エミリア・アプローチといった海外発祥の非認知能力育成の幼児教育プログラムなども取り入れています。

IPOによる手取金の使途

  1. 全額を連結子会社である株式会社Kids Smile Projectへの投融資資金に充当する予定(株式会社Kids Smile Projectにおける資金の使途は、2021年4月に開設を予定している認可保育所10施設の設備投資資金として、全額充当する予定)

Kids Smile Holdings(7084)IPOの業績

Kids Smile Holdingsの業績

(※画像クリックで拡大)

Kids Smile Holdings(7084)IPOの業績は順調に伸びていて、今後の成長性も期待できそうです。

Kids Smile HoldingsのIPO評価

Kids Smile Holdingsはマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額20.8億円)も大きいというほどではなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面は良好だと思います。

また、保育施設の運営は幼児教育無償化子育て支援といった国策とマッチしている点で注目されそうです。

よって、Kids Smile HoldingsのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。Kids Smile Holdings(7084)IPOは、公開価格の1.5倍を上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Kids Smile Holdings(7084)IPOのその他情報はこちら

Kids Smile Holdings(7084)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Kids Smile Holdings(7084)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。

主幹事のいちよし証券をはじめ、マネックス証券SBI証券などのネットから申し込める平幹事も全て申し込む予定です。

Kids Smile Holdings(7084)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
マネックス証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
むさし証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング