コーユーレンティア(7081)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月22日から始まります。いよいよ今年のIPOがスタートしますね。

コーユーレンティアはジモティーとの同時上場になりますが、今年のIPO第一弾なので、それでも注目されそうです。

コーユーレンティア

コーユーレンティア(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名コーユーレンティア
コード7081
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
水戸証券
東海東京証券
丸三証券
au カブコム証券
むさし証券
上場日2月7日
仮条件決定日1月20日(1,740円~1,890円に決定)
ブックビルディング期間1月22日から1月28日まで
公開価格決定日1月29日(1,890円に決定)
申込期間1月30日から2月4日まで
公募800,000株
売出し200,000株
OA150,000株
吸収金額21.7億円
時価総額100.2億円
想定価格1,890円→公開価格:1,890円
初値価格2,510円

コーユーレンティアIPOの事業内容

コーユーレンティアは、Furniture(家具)、Fixtures(什器)&Equipment(備品)及びOA機器のレンタル並びに付帯するサービスを提供しています。

レンタル関連事業では、建設現場事務所、イベント会場、法人オフィスへのFF&E(furniture, fixtures and equipment(家具、什器、備品))及びOA機器のレンタルサービスを中心に、それに付随する電話内線工事、内装工事、事務用品の販売などを行っています。

スペースデザイン事業では、マンションギャラリーのデザイン・設計・施工、マンションギャラリー内の家具・事務所備品・OA機器等のレンタル、モデルルームのインテリアコーディネート、インテリアオプションの設計変更など、ワンストップで提供しています。

物販事業では、主に官公庁及び日本郵政グループをはじめとする民間企業に対して、オフィス家具、事務機器、什器、備品等の販売を行っています。

コーユーレンティアIPOの事業系統図

コーユーレンティアの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる資金の使途

  1. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会用のレンタル資産調達資金
  2. 規格品のレンタル資産補強のための資金
  3. 物流倉庫の改修資金

コーユーレンティアIPOの業績

コーユーレンティアの業績

(※画像クリックで拡大)

コーユーレンティアIPOの業績は、概ね堅調に推移していて問題なさそうです。

コーユーレンティアのIPO評価

コーユーレンティアはジモティーとの同時上場というだけでなく、ジャスダックの地味めな銘柄ですが、今年最初のIPOなので、それでもそれなりの関心を集めると思います。

また、FF&E(furniture, fixtures and equipment(家具、什器、備品))レンタル事業は東京オリンピック・パラリンピックによる需要が見込める点で注目されそうです。

よって、コーユーレンティアのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。コーユーレンティアIPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コーユーレンティアIPOのその他情報はこちら

コーユーレンティアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

コーユーレンティアIPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のいちよし証券を中心に、マネックス証券岩井コスモ証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

コーユーレンティアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
マネックス証券 BB参加
水戸証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
丸三証券 BB参加
au カブコム証券 BB参加
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング